FC2ブログ

S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

物語の余白

「そういえばお前ダリフラがどれだけ酷くても最後まで見るって言ってなかった?」



イッテナイヨー? 

・・・はぁ、一応アズレンやりながら見たので感想も書いとこう。

グレンラガンやトップの幻影から抜け出せなかったのかなーって。

オチの付け方(でかいのからちっこいの出てきて決着)を見るにそれも狙った物なのだろうか。
基本的に焼き直しシーンが多すぎて私は正直言って、もういいかなって。
やりたいことは解ったし、それは本来ならば好きな要素だっただけに。
基本的に私がクソミソに言う時は好きな物があるからこそなんでそうなった!っていう叫び。

嗚呼、この後色々書いちゃいそうなのであえてポジティブに良いところを書く。
安易なキャラ殺しをしなかった事は凄く良かった。
でもhuke先生(叫竜デザイン案)の無駄遣いだった。

ストーリーは一番ないがしろにしたらあかん部分ちゃうか。
映像がへぼくても昔の映画の方が面白い。
これって別に懐古主義とかじゃないんだよ。


◆間◆

見たシリーズ。

・あそびあそばせ
漫画が好きなので怖い物見たさで見てみた。
OP見て「あれ、おれの知ってる漫画と違う・・・」と思ったけどちゃんとアレだった。ほっ。
漫画ならではの間とかあるけど、思ったより上手く再現出来てたと思いましたよっと。

が。
EDが・・・メタル調・・・!
俺が・・・俺がそれやりたかったのに。

とはいいつつもメタル復権の為にも人気出たらいいな(何か違う

性教育回が楽しみでならない。


◆間◆


昔のゲームって妙に記憶に残っている。
今のゲームはスゴイグラフィックで構築されていていっぱい見える。
でも、ドットで描かれた狭い世界を脳内補完したものに完全に勝っているかというとそうでも無いと思う。

私は物語に余白は必要だと思う。
全ての伏線が全てかっちりかみ合って綺麗に終わる作品は素晴らしいと思う。
けれど、だからといって全てが完璧に計算された作品が好きかというとそうでもない。

意図的な余白は必要。
意味深なシーンを作って「あれは一体どういう意味が?」「もしかしてこうかな?」っていうものを
考察するのが大好きだ。
このキャラクターの行動原理は?
どうしてこの時にこの選択肢を?
一体何を考えてる?

小説は文字媒体の娯楽で読むのにパワーを使う。
使わなくて良いエンタメに押されていると思う。
けど、小説には映像や空気を想像で補完する為の余白がある。
だから、能動的に楽しむ娯楽として本は面白い。

読むのはしんどいかもしれないけど、その分他では味わえない「面白い」がある。
絵が無いから、動かないから、声がしないから、音がしない、だから他エンタメの下位互換だという
考えは絶対に違うとも思ってる。


けどその余白が大きければ「何も考えてない、信者が勝手に裏読みしてるだけ」とか言われる。

きっちり計算して全てを組み合わせる「設定」を用意して
けれど全部は見せない。
いくつかのシーンから全体像がちらりと垣間見えるってのが個人的には理想です。

見せないからって適当にしたり、考えてないのは駄目。
案外自分でも気付いていないこともあるけども。


フロムゲー(最近だとデモンズソウル、ダークソウル、ブラッドボーン、AC)とかはスゴイグラフィックだけど
一般的な普通ゲームと違って世界観とか全部見せてない。
でも、フレーバーテキストとか集めていくとちょっと解ってくる。

個人的には難しい死にゲーだからとかじゃなくて、こういう脳内補完出来る要素がいっぱいあったのもポイントじゃないのかなと思う。
オーラントが何をしたとか、蜘蛛女は何をしたとか、眼ってなんだよとか。


余白があるから脳を使う。脳を使うから楽しい。

やはり楽しい物は能動的に楽しんでこそ。
別にそれが絶対とは言わない、けど私はそう思う。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/1223-bf306fc3
該当の記事は見つかりませんでした。