S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

「青野くんに触りたいから死にたい ~3巻」考察とメモ 【随時更新】

青野君三巻出てた。。。

2017年ネコデミー賞 裏大賞受賞の青野君の三巻が出てた!

「ええ!あの権威あるネコデミー賞の!?」死

本屋は割とチェックしてるんだけどな。
もっと一杯アホみたいに刷った方が良いよ。
絶対面白いですから。


二巻までの考察コーナー!


最近面白いって話題の漫画見てもあんまり。


某金塊漫画の序盤とかは本当にこれは来た!って思ってたんだけど
徐々に路線変更しちゃってちょっとしょんぼり。
結構そういうことが多い。

序盤が面白い漫画はいっぱいあるんだけど、本作に関しては今全体のどの部分なのか解らないにもかかわらず
面白さをきちんと保障してくれているので安心してかうのだ。
何それどういう理屈?って話だけど読めば解る(強引



で、本作凄く好きなんだけどその理由がインタビューみるとちょっと解る。


第一回

第二回

第三回


基本的にはきちんとエンタメ書こうとしている事。
感情を書こうとしていること(感情=人間だと捉えてます)

うん、だから俺この漫画好きなんだなー。

ホラーは添え物だって言ってるけど現状割かしガチホラー要素が濃くなってきているのが面白い。

はい、前置きはこんなもんで。


◆間◆


新しい要素


・四ツ首様

 棚石小学校に昔から伝わるおまじない。
①必ず3人以上で行う
②手の平に「牛」「馬」「犬」の文字いずれかを記入する(ばらけさせなくてはならないのかは不明)
③小学校裏庭にある大きく平らな石の上に手をかざして「トン トン ヌラリ トン」と人数分唱える
④これにより出現する四ツ首様と追いかけっこして逃げ切ると願いが何でも叶う。
⑤尚、逃げ切れなかった場合については言及されていない。

☆3巻にて出血したのは「犬」



・青野(裏幽霊)曰く
「あれは首無し、ただの畜生だよ」
→犬神との類似点。

 呪術犬神
 首だけ地表に出して埋めた犬の前に餌を置き放置する。
 そうして極限の飢餓状態にした犬の首をはねてその首を呪いに用いる。

「あそこにはもう行くなよ」「棚石」

優里は小学校と思っているようだが、四ツ首様のおまじないを行う大きな石を指す?
かつて小学校時代に何かを願った?
「だって、死んだら生き返れない」

青野と会う為なら死のうとすらした優里が何でも願いが叶うおまじないを試していない
(まぁ忘れてたという発言はあるが)
それはつまり過去に一度試したことがあるのでは?
そして、それは自らに辛く当たる姉との関係を改善する為に「死んだ兄の蘇生を願った。そしてそれは叶わなかった」
それにより既に優里は四ツ首様との何らかの関係がある可能性もある?

表幽霊青野の髪の毛が伸びている。
裏によって表が侵食されている?


・堀江
 優里に協力したいと思っている。
 だがその為の行動が出来ず、嘘をついて引きこもっている自分に対してなんらかの葛藤が生じている。

・翠
 優里の姉。ぶんなぐってやりてえ。

・ペディキュア&ストッキング
 コワイ



とりあえず書きかけだけどここまで。

どーなんだよこれ気になるよ……。

関連記事

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.05.04 20:21 | | # [edit]
猫★atlach;nacha says..."な、なんだってー!?(MMR"
>冴さん

ま、まじでございますっと……(日本語!
負ける自信がある!←

BBQとかめっちゃウェーィ♪なイベントですやん!私はそんなイベントやったのもう大分前ですよ!
天気は悪くとも自分も外でなんかやれば良かった……いやまぁずっと仕事でしたけどネ(虚脱

>青野くん
フフフ!ちょっと自信がありますよ!(死亡フラグ
あの家庭にも色々ありそうですし、青野家も……。
これほんと先が気になります。秋に出るらしいのでそれまでそわそわしつつアフタヌーン読んで過ごします;

>藤本
登場時からヒネた感じで好きなキャラでしたが3巻でもっと好きになりました(笑
何気にあのシーンで堀江さんの変化と藤本の露骨発言のシャットダウンぶりに笑っちゃいます。良いコンビ!

マカダミは50g程度では即日全滅しました。
ナッツ……ナッツもっと……!

ではでは!
2018.05.05 18:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/1168-cac55300
該当の記事は見つかりませんでした。