FC2ブログ

S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

RE:ゼロから始める魔法使い

なんか色々おかしい!!



って事で第20回電撃大賞 大賞受賞作

ゼロから始める魔法の書

のワナビ的な感想。

何度も書いてるけど基本的に金出して自分の時間削って本を読むのだから
わざわざあら探しなどしない。楽しむ為に読んでる。
基本的にはそういうスタンスですぞ。

まぁだからこそつまんない本読むとたまにぶち切れてるわけですけど(やめなよw



本書は

RE:ゼロから始める異世界生活
ゼロの魔法使い

というゼロ繋がりの作品があって、しかもどれも有名作品。
そして絵師がこれまたカドカワの誇る超弩級戦艦(?)しずま先生なのでどーしても艦これのイメージもある。
そんで、ヒロインの髪色髪型が島風と似てると言えなくも無い。

個人的にこれらの要素からなんとなくパッチワーク的な後追い作品的なイメージを抱いていたのかもしれない。
評判良いと知っていてもなんとなく食指が動かなくて。

でもド直球王道と言う事で、見てみようとおもって先日読んでみたわけだが!


結論からいくとめっちゃ面白かったですよっと。はよ読みゃ得るものもあっただろうに……。

基本的には確かにボーイミーツガール的な王道作品。

でも魔法と魔術の違いとかきっちり設定練られていたり、文章的にもラノベの読みやすさを確保した文章でありながら
安定感あるので読みやすいです。
魔法と魔術って、きのこ設定をモロに影響うけすぎてる人いるもんね。
本作ではそうでは無く滅茶苦茶シンプルな理由で、だからこそ説得力ある感じでした。発想の転換が面白い。

前半が世界設定の説明でちょっともにょるけど後半は面白いみたいな講評もあったんだけど
改稿されているからなのか全然気にならなかった。
先述の通り個人的に「なるほどなー」と思う設定披露だったからかもしれん。
読んでで面白かったり興味深い設定であれば自分は全然良いとおもう派なので。

で。

肝心のお話についてはかなりシンプルに展開されるんですがいくつかの驚きもきっちり仕掛けがあって
(ラノベゆえに「このキャラ絵が無いじゃん!おいしい設定在るのに!あやしい!」っていう文章とは違う方向からの
 推測で自分は、うん)

何より解りやすい。シンプル。

よく解らんごてごての設定で訳のわからん心情とか語られて読み返すような作品も面白いけど
ラノベの場合きっとこういう「解りやすいもの」があってるように感じた。
自分がそういうの好きだからかもしれないけど。
シンプルな仕掛けだからこそ、その展開が予想外になるように組み立てるのは難しいんだけども。


やっぱりイラスト無しで文章だけだし短い言葉でぱっとイメージしやすい設定とか展開は強いな。



毎度の事ながら全然感想になってねえ!

まぁ自分みたいに「どーなんだろ」って人が読もうとおもうきっかけになれば良いので、〆。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/1162-a1b0f880
該当の記事は見つかりませんでした。