S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

ワナビがゆるキャンを真面目に見る。

発表までに起こると恐ろしい事シリーズ!(唐突



作中のネタで使った人物をFGOで出されること……
(ガチ


多分大丈夫だけど影響力でかすぎてこえーよ・・・。

最近クトゥルフネタを目にする機会が多いのもそうなのかな。
話題になるのは嬉しいけどね。
多分10年くらい前でもそうは話題になるような物じゃなかったような気がする。
ニャル子さんが出ることがクちょっと話題になってた事だけ覚えてるけど未だに見たことがない。

自分の場合多分小林泰三先生からなんよね。
で、第二次ブームがインガノックとシャルノス。
前者は雰囲気がクトゥルフで、後者はキャラとしての取り込み肩で別物だけどどちらも好きです。


◆間◆



休みなので録画撮りためてたのを消化。

個人的には日常系ってものが好きじゃない。

ただ、自分で認識している弱点はそこにあるんですよね。
日常系って別に事件も何も起こらない感じでしょ。
でも、見ちゃうってのはやっぱキャラ立ちだと思うのね。

ってことで、人気らしいからとりあえず録画しとくか・・・って感じだったゆるキャンを見てましたが

うーん。


うーん(面白い


FAGの時も思ったんだけど、日常系=ストーリーがない=つまらないという認識が自分の中にあったはずなのに
実際見てみると結構面白いんですよね。これって凄く不思議なんだけど、多分面白さのなんたるかを
自分がまだ具体的に掴めていないと言う事なのかもしれない。

わからない物をどうやって取り込めばいいんだ・・・?

ゆるキャンについてはちょっとだけそれがわかって以前から何気ないシーンや説明シーンでも知的好奇心を満たす物があれば良いと思っていたんです。
そこは解るんです。こんなグッズあるんだ、面白そう。こんな料理あるんだ。外で食べるの美味しそう。とかね。

でも、なんかそれだけじゃないんだよな。
キャラも派手じゃないし、最初は見分け付かなかったキャラもちゃんと区別出来る。


AIじゃないけど「このキャラはガンガンいこうぜ」「このキャラは命大事に」みたいに
キャラごとの思考や理念を最初に設定して、それが記載されたキャラ表は使いながら書いてるけど
それでもまだまだあまいのかな。

うーん。
次の課題は結構難しいなともやもやするのでした。


あ、あとゆるキャンについてファッション面で凄い良いなーって思います。
自分の好きな服装ではないんだけど、凄いそれぞれ似合ってるし可愛いんだよ。
ネイティブ柄のブランケットとか、良い。
自分がアウトドア系の物が気になってるってのもあるけど(ファッション誌とかも最近はGO OUTとかのが面白い)

ついでに靴もリンはエンジニア履いてるしなでしこもカリブー履いてるし、なんか良いよ。
靴かー。せっかく靴好きなんだからキャラに履かせる靴でキャラを差別化したりおもしろいかもなぁ。
既存靴じゃなくても血界戦線のレオがディスクブレイズ+ポンプフューリーのディスクフューリー/ポンプブレイズはいてたりとか
ああいう物見るとちょっと楽しいし。

ふむん。



・ダリフラ

うーん。
ゼロツーが唐突に人間になりたいとか言い出してキャラが解らん。
そもそも彼女の思想とか行動理念が見えないので展開のために暴走させられてる感じ。
ダーリンスキーとか言ったり餌だからおとなしくしとけ、とか彼女が暴走してブレる理由がわからん。
最期まで見たら「ああ、あれはそうなのか」と解る構成なのかもしれないけど現時点では悪手だと思う。
だってみてて意味分かんないしストレスたまるもん。
それが1~2話続くならともかく、12話でこれだもんな。

それに「敵を殺す事で人間になれる」それに一体どういう根拠があるのか。
今まで訳知り顔で賢いキャラアピールしてたのに突然アホに見えてきた。
彼女がそのよくわからない理屈を信じる根拠はどこにある?

ヒロが生存している理由も未だに謎。
比翼の鳥云々言ってた辺り広義の吸血鬼物として書いてるのだろうけど・・・。

絵は綺麗だしキャラも良いと思うし良質な物だと思うし、光る物もあるんだけど現状ではつまんないです。


破天荒な展開をするにしても説得力と細かなカタルシス回収をしなきゃ駄目だぞ!という意味では参考になる。
っていうか多分方向性としては自分はこれ好きなんだけどね。

それでも見てるのは「自分ならこうするのに」を自作に添加する為。




・・・・面白い物、凄い物を見たい。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/1145-92670895
該当の記事は見つかりませんでした。