FC2ブログ

S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

電撃大賞とランスと忍者

まぁそんな訳で(?)今回の電撃大賞応募原稿「レッドドラゴン(仮)」ほぼほぼ完成。

ウィリアムブレイクのあの絵とクトゥルフとグノーシスとミルトンの失楽園をミキサーにぶち込んで
こねこねして作ったお子様定食にデスメタルの旗をぶっさした感じ(何

元はなろう向けにネタで書いてた異世界転移物がベースになってて

コレ
※ほぼ別物だけど一応応募前には非公開にしますんよ。あと完結もしてないし5ページで封印されてるので見ても面白くは無いんよ。

そもそも書こうと思ったのは「なろう人気すぎて悔しいのでちょっと書いてみるか・・・」っていう非常にダークなアレでした。
アレとかソレとかお前ほんとに作家志望かよというのは置いておく。

大体毎回テーマ決めて書いてるんだけど今回の原稿で自分がやってみようと思ったのは「なろう風味」
なろうが大人気なので嫉妬してネガティブな感情を持ってたんだけど、それでも売れている訳で。
(余談だけど食わず嫌いだけど最近読んだリゼロは面白かったんよね)
だったらなろう風味で中身ちゃんと物語になってカタルシス回収して感動出来るものであればいけるじゃろという安易な考えがスタート地点。
今の時代エンタメカンブリアの中で「面白そう」と思わせることには死ぬほど意味がある。
そう、読み終わって面白いのは多分当然。むしろ興味持たせて読者に読んでみようと思わせた時点でほぼミッション終了。
残念ながらそういう漫画とかは結構多い、何とは言わんが。

漫画も小説も一杯出てきて皆で足の引っ張り合いして飢えていってるイメージ。
だから死ぬほど面白かったとしても地味なタイトルや映像としてぱっと表紙に出来そうになうものだと難しいかなって。
そういう意味では「なろうの皮を被る」っていうのはかなり有効な戦略になると思う。
勿論それは中身が伴わなければただのゴミなのですけども。

今回はライト文芸方面じゃなくぶっちぎりでラノベ!だからだけど。


今までいくつかお話書いてきて、全部「かっこつけてたかなー」って思うんですよ。
いや、ライト文芸っぽいものを書いてたからでもあるとおもうけどね。
読書って、なんかかっこいいじゃないですか(え?)
だから多少そういった背伸びしたような物が受けるかなとも思ってた。
でもそれ以上に自分の場合イベントとかで会う人にも見られる事があるかもしれないし、心のどこかでセーブしていたのかもしれん。

だが今回は想定読者はラノベ読者。だったら全力投球。
「お前、アホやろ」
と言われること必至。だが、別に恥ずかしくない。面白ければいいんじゃ精神。
 



そんなわけで前にも書いたけどコレで受賞せんならもう二度とラノベは書かんレベル。
文章作法を除いたらこれ以上のは書けんぞ。

まぁまだまだ読み返して推敲するけどね。
ワナビ界において俺ほど自作読み返して推敲しまくる奴は多くないと思う。
暇な時間延々読んでるもの。


基本的に漫画とか小説とか読んでて「あー俺だったらこのシーンこうするのに!この方が好みなのに!」
っていうのを自作に当てはめて延々サグラダファミリア。
「あ、このシーンこうが良いかな」ってのを延々修正修正。
なので自分の場合推敲回数に比例して出来は良くなると思う。あくまで自分の場合。
まぁバランス崩れてたらお仕舞いだけど。



・・・ということでランスⅩ買いまして(唐突


めっちゃ評判良いのと、二部構成でそっちがめちゃくちゃ泣けるというので期待している。

戦闘システムは最初クソゲーすぎひん?って思ったんだけど仕組みが解ってくると成る程パズルみたいで面白い。

・・・でもめっちゃ難しいんですけど(素
一週目普通にバッドでした。悲惨。
でもキャッキャしていたキャラが次のターンで悲惨な事になるのはある種この手のゲームの醍醐味というか。
悲惨つっても本当に容赦なくて本気でえげつない(ホーネットの最期とかやべえわ

まどマギとかハンターハンターとかのインパクトってそういう所から来てるとおもうのね。
まあマブラブのあの脳味噌丸出しイラストはやりすぎだと思うけどね!全年齢版借りてやったけど多分18禁版だったら凹んでた!

そのインパクトを形だけ取り入れて

「とりあえず裏切っとけ」
「とりあえず殺して衝撃シーン」

違うぞ、それはと思う。




さーてドリイちゃんもあと三週間で30DP書かなきゃ。
中盤からオチに関してはそれなりに自信あるけどやっぱ前半がタルいのでそこ改善しつつ増やす・・・ってどうすりゃいいんだ(絶望

(だがランスが気になるしメガミデバイスの忍者も作らなくちゃならない!)

ヴィダール「あの、2年くらい放置されてるんですが」
IMS黒騎士「5年くらい放置されてるんですが」

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/1128-23b5dfa0
該当の記事は見つかりませんでした。