S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

ぶりくら2014 お品書き

はい、そんなわけでリスト公開されましたねぶりくら。


個人的にハダカデバネズミにびっくりです。
値段もすごいんだろうなぁ。

あとは、うん、緘口令ですw


◆間◆


今回うちのメイン出品個体となるのがこちら。


mother.jpg

Ethmostigmus sp. BLUE(参考親個体)
≠Ethmostigmus sp. Prussian BLUE


プルシアンブルーの脚と、深い緑のボディの組み合わせがかなりツボ!

mhead_2014100123320671f.jpg






イベントのリストからはじめて来た方向けに説明するとこちら、実はタンザニアブルーレッグと呼ばれる
安価な普及種のブルーレッグタイプと言われてます。

ただ一般に出回るノーマル個体が大体大きくて15cm程度なのに対してこやつは20cm弱あります。
コレがブルーレッグの特色なのかといわれたら解りません。
解りませんが、私自身はイベントとかショップの普通のタイプでコレだけ大きい個体は見たことないです。

あとスコロペンドラと比べると若干マイルドな性格&太めのボディ。



「ま、まぁ発狂して暴れまわるスコペンよりはましな動き・・・か・・・」


・・・とまあたらたら書きましたがようは良くわからん!ということ。
見た目と成体の雰囲気がお好きなら是非どうぞ。

正直個人用にキープしていた個体群なので売れなかったら自分で飼育するつもりなので
あんまりお安く出来ないのはごめんなさい。

ダニまみれだったり、寿命の解らないWCよりは飼い易いはずです。
というかこの一年飼い込んでますからその点はご安心あれ!
個人的に一押しの白ワラジムシ入りの飼育ケースそのままでお渡しするので
そのまま温室にINしてもらえれば問題なく飼育できると思います。


large.jpg


こちらは大きめ個体。2頭もって行きます。


tiny.jpg

こちらが小さめ個体。1頭だけですがちょっとだけ安く設定してます。



このほかにアイボリーオーナメンタル最後の1頭。
こちらは雌雄不明。

同期の♂はどんどん成熟していったのでそういう意味では♀かなとも思いますが
腹部を見ると♂のような気がしてゲシュタルト崩壊。
そこそこ大きいので判別に自信があったり、すでに♀飼育して♂でも♀でも良いよ!という人は是非に。
イベントまでに脱皮したら確定して出品しますん。



関連記事

2 Comments

taka says...""
こんにちは、
エンドレスゾーンにいる個体と同じかんじですよ
ショップでは、そこそこのお値段ですよ
2014.10.03 18:57 | URL | #- [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: タイトルなし"
>takaさん
あちゃー、たしかにコレ同じですね・・・
うーん、まぁ売れなくてもいいや精神でがんばりたいとおもいます(笑
2014.10.03 21:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/105-f0992d35
該当の記事は見つかりませんでした。