FC2ブログ

S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

目標設定

何でもそうですけど、目標って必要ですよね。

締め切りが無いとなんかこう、しゃんとしない。


原稿に関しては現状電撃に出せそうな新作のネタが浮かんでないのでジャンプホラーを目指してます。

先日投稿した短編がなんか私史上一番ポイント出たのと、初めてまともな感想を頂いたのです。
(まともなっていうのは、なんか電波コメントは一度貰った事があるので……笑)

やはりオーソドックスでもわかりやすい物が人気なのかなぁと最近の色々な人気作を見てみても思うのです。


その点踏まえてちょっと面白そうなネタが浮かんだので新作ホラー長編を書こうかなと思ってます。


横溝には出せない作風だろうしジャンプホラー一本に絞ってちょっくら頑張ってみる。


◆間◆


登山とざーん(ルパンのテーマ風)


本日は以前登った多紀連山(三嶽、小金ヶ嶽)に加えて西ヶ嶽も追加して登ってきました。

距離約12キロ、登り下り1200メートル前後。

結構ハードでした。


登山も目標が出来まして、初心者が行ったら死ぬ(まぁ事故を防ぎたいベテランさんの優しさも有ると思う)と言われる

弥山・八経ヶ岳(双門ルート)


ってのに行ってみたいなと思っておりまして。その為に色々修行しようと思い、色々ランクアップしてみたいなと。

大普賢岳もその前に行きたい。
なんか兵庫の山も低山で面白い所が結構あるんですが、奈良は凄いです。
面白そうな山がたくさんあってずるい、一個欲しい。


結構登り始めたら未だに「俺なんで休みの日にこんな事してるの?Mなの?違うよね?」
とか思ってるんですが、ある程度登るとすっと楽になって楽しくなってくる。
ランナーズハイ的なものかと思ってたんですけど、登山マンガ「山と食欲と私」の第一話でそこに言及されていて
どうも科学的に理由があるみたいですね。面白い。


とりあえず日帰り登山レベルの話ですけど装備の話。

パンツ、割とどうでもええ!!(ええ~

動きやすかったらどうでもええ!
ハードシェルとかソフトシェルもぶっちゃけ安物でええ!

ただベースとミドルレイヤーはちょっといいの買った方がいいのかもなぁと思っています。

今ブロックフリースのワークマンの奴着てますけど、これも結構良い。
ただやはり本家のものはもっと良いそうなのでその内欲しい。

今後買うとしたら……

・CW-X
 ワコールのタイツ。今ユニクロの安いタイツ使ってるけどそれだけでも大分違う。膝があまり強くない気がするのでこれはマスト。

・ミレー網
 ベースレイヤーの下に着る奴。なんかちょっと危ないファッションっぽいけど、非常に優秀らしいので一枚欲しい。

・アクティブインサレーション
 通気性のある中綿ジャケット。成る程これは居るだろうな。

・ストームクルーザー
 とりあえずゴアニットバッカーの雨具上下。個人的に下は丈夫なレインダンサーにしてもいいかなと思ってるけどまた店頭で聞いてみよ。


てな感じですかね!

先日買ったクレッタルムーセンのジャケットに関しては、ソフトシェルとして使用していますが、サイズや重さはハードよりハードなので
まぁ趣味アイテムですかね。
別に一番良い物で全部固めると皆同じ服装になるので、個人的に多少の遊びはあっても良いと思う。
自転車マンみたいになってしまう。




とりあえず次は兵庫最高峰、氷ノ山かな。

なんか無心で登ってると結構原稿のアイデアとか浮かぶので楽しくなってきた。
すぐ忘れちゃうからメモ必須ですが(笑

TX5 GTXデビューとゴアテックスについて。

うーむ。


やはり専用品は違う……(何



いえ、ずっとコンバットブーツで登山してたんですが、結構きついな?と思っていて。

霊仙山の山頂から笹峠の岩ゾーンで「あ、これ無理!」と思い、ついに専用登山靴を買うことにしたのです。

が、登山靴って結構種類があって、役割ごとに色々あるんですよね。

山に登る=登山靴買う、とはならない。

登山靴の中に様々なカテゴリがあるみたい。


関西だと低山(2000m以下)ばかりなので森林帯を歩くことが多い。
2000mを超えると大体森林限界で岩ごつごつゾーンになる。
大ざっぱが過ぎる!


まぁとにかくこの弐種類で求められるソールの固さとかが全然異なるんですよね。

なんとなく皆がはいてるイメージの登山靴を適当に買ってしまうとエラいことになってしまう。
……かもしれない。

なので試着したり下調べしたりしてたのですがついにゲット。


前も書いてたけど

IMG20201016184653.jpg


・TX5 GTX / ラ・スポルティバ

に決定!
私の足はギリシャ型っつって細長いタイプなんですが(人差し指が一番長い奴)
いつものサイズよりハーフサイズアップになりました。
一個下でも履けたんですが店員さんに下りで指痛くなるかもと言われたのもありそのサイズをチョイス。

そんなわけで本日白髪岳という近所の低山に行って履いてみましたが……


IMG20201018083819.jpg


いやーやはり専用品は違う(再

石踏んでもちゃんと感じるけど、痛くない。思ったよりクッションが効いてて疲労感が全く違う。

メガグリップの靴初めて履いたけど滑らねー。

今まで下山時に足の指付け根がいたくなってたのも無し!らくちんすぎる!

まぁちょっと右だけ指の皮むけたので暫く絆創膏とお友達ですけど。

翌日以降の足への疲労も段違い。
思ってたのより二段階くらい良かったです。別物だった……!



てなわけで白髪岳。

IMG20201018092336.jpg

迂回ルートがあるとはいえ、こういう岩登りゾーンがあります。
嫌無理やろこれ!って思うけど、よじ登ってみれば案外なんとかなる。
ただ鎖もないし、不安な方にはお勧めしない。
写真じゃ解らんと思うけど、実際この場に立つと結構怖い。


IMG20201018092517.jpg

登り終わってから上から撮った写真。割と怖い。でも達成感はある。


IMG20201018103017.jpg

でかい木がある!と思って撮影したらば、

IMG20201018103030.jpg

名ありの杉だった。千年杉!でかい!


低山とはいえ白髪岳、岩登りも出来てお試しには非常に良い山でした。
また行きたい。


IMG20201020195754.jpg

そして今までさんきゅー、GSG-9.2!
気に入ってるので普通にバイク用で履きますがこれで山はもう登らん。

こいつで大台ヶ原、天滝、シワガラの滝&桂の滝、雪彦山、多紀連山、霊仙山、那岐山と登りましたが
随分それっぽい感じにヤレて風格は増した気がする(ワークブーツオタク的に)

育てたい靴あったら履いて山登りゃ良いんだけど、うん。
靴によるわな。

エンジニア育てたいけど2キロとかあるもん……(笑


◆間◆


で、ゴアテックス。


今までアパレルでゴアテックスと聞いたら問答無用で「ああ防水の」
とか思ってましたが防水システムに関して色々調べてると非常に面白い。

大別してコーティング系とメンブレン系がある。

記事の裏地にコーティングした物がそれなりに安価。

で、メンブレン系は膜を生地に挟んだりしてるんだけど

2層、2.5層、3層とあってそれぞれ特性が異なる。

個人的にコーティングが好きじゃない(気に入った物はずっと使いたいので剥離が気になる為)

メンブレンもウレタン系メンブレンは個人的に選びたくない。
以前買った防水ジャケットも数年で剥離して捨てる羽目になったので。

なので、個人的にはやはりゴアテックスの三層の物がほしいなと思います。


環境がー!とか最近よく叫ばれていますが、良い物を長く使う事ほど環境に良い事は無いと思う。
薄利多売で新モデルを買い換えて貰う方が企業は儲かるってのは解るけどね。
それでも長持ちする物を作ってくれるメーカーさんを応援したい。



で。


色々防水ジャケットはありますが、どれを買えば良いの?って話。


巷ではモンベルおじさんとか言われたりする、バイクで言うコミネみたいな扱いを受けてる感じのモンベル。

国産品でお手頃価格なので安かろう、悪かろうみたいなイメージを実はちょっと持ってた。

が!


・ストームクルーザー / モンベル

これ、山がどーのこーのじゃなくても大変お買い得な防水ジャケットみたいなんですよね。

三層ゴアテックス、しかも最新の柔らかい奴(GORE-TEX C-KNIT BACKER)採用。

それで20000ちょい。

たかいじゃん!と思うかも知れないけど、ワークマンのイージスやユニクロのブロックテックは恐らく耐久性的には難あり。
シームテープ以外で劣化要素の少ないストームクルーザーはかなりお値打ちだと思う。ちょっと欲しい。

ちなみに他のメーカーだとゴアテックスジャケットって3~4万するのです。別にデザインその程度の金額気にしないぜ!
というならそちらでも問題はありませぬ。
あくまでコスパのお話です。


山装備について調べると冬山装備は「どれだけ暖かく出来るか」だと思ってたけど実際は
「どれだけ暖かさを通気のバランスを保てるか」っぽい。

汗をかくとひやっとします。
先日那岐山でも頂上ではひやっとしましたのでこれがもっと寒くなると顕著かと。

なるべく汗として水が溜まる前に蒸気を発散して身体を冷やさないのが目的。

街着でダウン着てて暖かいけど、ちょっと走ると汗かいて不快だったりするあれを如何に無くすか。


うーん、知ると面白いなと思うし興味が出てくる。

ただ山装備はちょーたけー!!!


まぁ今年は無理だけど来年の秋冬あたりには試してみても良いかもしれん……。

ランボルギーニと登山用品とホラー短編

今日三宮言ったらランボルギーニを二台みた。めっさ平べったい!!

ああいうスゲースポーツカーがいたら私はガン見します。むしろそれが礼儀だろというくらいガン見。

乗ってたおじさんもテンション上がったのか信号変わった途端

ゴアアアアアアア!!エンジン吹かせて加速!

アアアアアアア!!


カーブ曲がったらパトカーがすっ……



アアア……! すん……


ちょっと笑った。気持ちは凄くわかる(笑


◆間◆


ってわけで前回ほにゃほにゃ言ってたホラー短編が完成したので宣伝する。


アオジシ


アオジシってのはカモシカの事ですね。
本来なろうの夏ホラーコンテストのテーマに合わせて書いたんですけど
山形の小説家講座用にしよう!とか思ってブラッシュアップしてました。

結局財政的にも、開催形式的にも参加出来なくなったので供養がてら公開。

昨日公開したんですけど、自分史上最高点です。やったね。
(いや今まで最高18点だったんであんま変わらんけど……笑)

で、ついでに調べたら誰かがサントリウスにも点数入れてくれてて吹いた。
有り難うー!笑



アオジシに関してはなんかホラーというか、気持ち悪い話になってますね。
別にもっと膨らませても良かったんだけど、新人賞に出すタイプのホラーじゃないとおもったので公開。

カニバリズムという割とベタなテーマですが、自分っぽさもまぁあるかもしれん。あるといいな。

で、なろうコンテストのテーマが「駅」だったのでこんなことになってますが別に撮り鉄おじさんに関して
ヘイトを煽ってるつもりも、自分自身が嫌いと言う事も無いです。
どんな趣味でも変な奴はいるので。

駅ならもっとオーソドックスに人食い列車とか乗ったら知らない場所に連れて行かれる電車とかにすりゃいいんですけど
なんかそういう普通のなら自分が書く意味が感じられず、どーも天邪鬼になる傾向があるです(ドジっ子メイド口調


また新作をもりもり仕上げたいところです。
落ちたけどやる気は出てきた。

あとなんか、最近登山してるけど登山中の無心で登るときとかアイデア練るのにめっちゃ良いし
登山体験自体も結構色々な場面で使えるなぁと感心している。



◆間◆



さて、登山グッズ。


今日登山用品店に狙ってた靴を買いに行ったんですけど私のサイズが売り切れだった。

悲しみ。

関西だと低山ばかりだし、所謂「山!」って感じの装備にする必要もそんなに無いと思うんです。
まぁあれか、チャリ乗ってる人がピチパンで皆同じ格好して乗ってるみたいなもんなのかもしれん。

自分としては、加藤文太郎時代とかの事を考えたら別に道具を専用品びっちりで決める必要も無いと思っているので
自分の好きな服装で登りたいなと思ってます。
低山だとそれが許される。

が!

あくまでも自己責任です。
そして、靴とザックとカッパは少なくともそれなりに使える物じゃないと駄目です。死にます。
死にますは言い過ぎだけど。

今日見てたらオスプレイとかグレゴリーの登山用の背中にメッシュ入ってる奴とかめっちゃ良さそうでした。

あとお試し用の10キロの荷物を入れたバルトロがあったので背負ってみたけど……
皆こんな重いのかついで登ってんだ……って若干戦慄した(笑

日帰りだと多分5キロも無い程度なんで余裕ちゃんですけど、テントとか入れるとなかなかヘビーな趣味になるんだなぁと。

今のところ、ザックは普段使ってるグレゴリーのデイパックで事足りる感じです。
余裕があれば欲しいけど。


次、靴。

靴はやっぱいる。
何が違うってソールが曲がらないし固い。
これが岩稜地帯を歩くために必要な機能。
別に無くても歩けますが、滅茶苦茶足痛いし疲れた。
きちんとした登山靴かってリベンジしたい。

でも生半可に靴オタなので入門登山靴とか履きたくないので色々見繕って

ラ・スポルティバ TX5 GTX

ってモデルを狙っています。メガグリップで消耗が激しく、かつソール張り替え出来ないモデルですが
体重軽いからそれなりに持つじゃろ、と。

バイクのタイヤなんかも車重重いバイクだとスコーピオンラリーSTRも7000キロくらいでアウトらしいですが
150キロちょいのスヴァルトピレンだと9000キロでもまだ余裕有る感じだし。

あと何気にスヴァルトピレンと同じカラーリングなのもミソである(笑

登山用の靴買ったら一度登った山もう一回登って違いを試してみたいなと思う。


次、カッパ。

これが一番面白かった。
ゴアテックスゆーても数年で加水分解してあかんなるんやろ?と思ってました。
というのも以前から防水ジャケットとかそれなりのメーカーの買っても長持ちしなかった。

これ、どうも私の勘違いだったらしい。

ゴアテックスは加水分解しない。バイク用グリスでもフッ素グリスは超安定するけど超たかい。
ゴアも似たようなフッ素系の素材で出来ていてめちゃくちゃ安定した素材らしいです。
メンブレンタイプの三層素材はそれなりに強い。
でも、コーティングタイプは多分弱い。
ユニクロなんかは2.5層って話だし多分コーティングに近いんじゃないのかなーと思っているがさて真相や如何に。

つーわけでゴアテックスのジャケットは一着買おうかな。
以前買ったデカトロンの防水ジャケットもコーティングタイプなので。
まぁこっちは通勤で使えるから全然いいんだけどね。元々3時間程度の低山用って話で買ったし。



以上謎の登山装備についてのあれこれでした。

電撃大賞残念会会場

知ってた!(何



いや今日電撃の最終選考に進んだ作品が発表されたんですよね。

私は電話無かったし落ちてたの知ってたので最早受賞作買うからはよ!くらいにしか思って無かったんですけど
タイムラインに出てきたらやっぱ見るじゃ無いですか。

ちきしょー!羨ましい!でもおめでとうごじゃります!(血涙


まぁ4年前落ちた原稿初めて同じ電撃に使い回した時点で受賞はないなと思ってはいたんです。
勿論それは落ちたとき用の自分へのクッション的な意味合いも含む(笑


文章は手直ししても結局は昔の原稿だし、編集の方が全員読むのなら
細部が違えども大まかな内容は把握しているわけで。

それプラス、新作落ちて2回目の原稿が残ったってのは編集の人からしたら「使える作家になるかもしれない存在」
と思うにはちょっと微妙だろうなと思っていたのもある。
やっぱ新作で評価されないと。


あとは130DPにカットするためにどうしても切り詰めた影響であらすじみたいになっちゃう場所が多かったこと。

これは言い訳というよりも、賞のボリュームにあってないものを応募しようとしたという過ちを犯したのだとして覚えておこうと思う。
多分2巻か3巻に分けて書くような内容だったのに、詰め込み過ぎた。
それなのに見せ場にたっぷりページ割きたくて、目一杯つかった。
圧縮されたとこはほんと数行で終わらせてメリハリと呼ぶ事すら厳しい出来だったことは理解している。

そんなわけで読み味が大分犠牲になっているのは自分でも理解してた。
ただ話自体は今でも面白いと思ってる。

アリスに関しては気に入っては居るけど、多分これ出せる新人賞無いのでいつの日か編集さんに
「今ある原稿出して」って言われるまで封印するとする……(笑

まぁ落ちたら悔しいんですよ!

でも、悔しいって事はまだ戦えると言う事。
ブルーピリオドでも言ってたものね。

なので俺はまだ戦える。

2年前は本当に絶望しか無くて筆折ろうと思ってたけど、今は全然そんなことない。

出来る事があるって知れたのでまだまだやれる。やる。

とりあえず一区切りは付きましたからがんがん新作かくとする。

山形の小説講座、平山夢明先生くるっていうので本気で行こうか悩んでたけど
ネット開催になったそうなのでそれ用に温存してた短編もブラッシュアップして放流する。


現状3本ほど同時進行で書いてて、いずれもヘタレて止まってる。

一応この現象は良くないものなのでいずれも根性で書き上げてどっかに出す。


落選の苦しみは受賞でしかいやされませんので、とにかく足を動かさないとね。
最近やってる登山にも似たような物を感じる。

しんどいけど、動かないと進めない。

山頂がどこかは解らんが頑張って登るとしますよ、この男坂をよ……(未完!)

※最近続編が始まったとかなんとか!


次こそ勝てるものを書くのだ。

該当の記事は見つかりませんでした。