FC2ブログ

S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

ALDEN AF36とモンスターパーカー

なんかここ数ヶ月色々ありまして。

実は転職することになりまして(さらり


いや仕事は楽しいし人間関係も良好なんですよね。
通勤5分だし(実際計ってみたら3~4分)。

仕事は楽だし、真面目にやれば実働何時間だよ!って話だし、某国の大臣がお忍びで視察に来たり(当時下っ端の私には一切情報伏せられてたのでまったく気がつかず挨拶とかしてたw)
首相に呼ばれて上長が謎の儀式に参加したりやりがいという意味でもそれなりにあったと思う。
ただまぁそれでも色々ありまして、地味にスーツとか着て転職活動してましてん。

そんでまぁ上手くいったのでつらつら書いてるわけですが、まぁ仕事はいいんですよ(えぇ

そんなこんなでフラストレーションが溜まりまくってたのですがよーやっと落ち着いたのでお買い物でめっさ発散しました。
金で解決出来るストレスなど消滅させたらええんや……!経済を回すんや……!(貧

あとGABAココアとかも飲み出した。メンタル大事。


618_01.jpg


AF36 / ALDEN

以前靴修理をしていたので割と色んなメーカーの高級紳士靴を見る機会がありまして。
当時の自分はワークブーツとか、構造面で靴にのめり込んでいたんですがそれでもやっぱり
高級紳士靴も欲しいなと思ってました。
憧れていたのはコルテのチゼルトゥなんですが、どう考えても自分があのちょー格好良くてエレガントな靴を履いてる
イメージが1ミリもわかない!!
で、実際履くとしたらALDENのコードバンモデルだなぁと思ってたんです。
コードバンって何かよく解らんけど良い革みたいに思われてますが、これ皮革好きな人からしたらかなりの色物なんですよね。
表面を削り落として繊維詰まった層を研ぎ出した、不思議な革。
手入れしがいもあるし、楽しそうだなぁと。

で、当時はタンカーブーツも流行ってたのもあり、凄く興味はありましたが、コードバンでブーツっていうのは正直どうなんだろと思ってたのもあり結局買わず。(水に弱い)

そのままワークブーツからスニーカーに浮気して暫く来てましたが、次の職場が結構お堅い所だというのもあって
それなりにちゃんとした靴を買おうと思い立つ。前置き長っ!

コードバンで短靴となれば、アメリカっぽいバリーラストの9901(外羽プレーントゥ)なら素材感を一番楽しめるじゃろと
思って注文しようとしてたんですがやっぱり以前憧れだったタンカーのノルウェイジャンフロントが気になってしゃーない。
冠婚葬祭共用とかもういいわ、と思ってノルウェイジャンフロントのモデルを買うことにする。

が!これラストで全然イメージ違うんですよね。
そこで色々調べていた中で一番個人的にびびっと来たのがAF36。

こちらはAlden of Carmelという有名店の別注モデルで、すんげえ格好良いの。
ALDENの良さってアメリカな感じ(ざっくり)だと思うんだけどこれは一番お上品なプラザラスト。
ある意味良さを殺してるんじゃない?とちょっと思ったんだけど、実際色々見てみたら
ALDENのアメリカンっぷりはラストくらいじゃ殺せん。
っていうかALDENのラストなんだからアメリカなんですよ。ポークチャップ!

そこにコマンドソールとストームウェルト装備してんだからワークブーツ好きとしてはきゅんきゅんする訳です。
そう、これワークとかそういう香りの残されてる靴なんです。
ノルウェイジャンフロントのモデルはいくつかラスト違いで存在してるんですがそこに気付いてからはこれしか考えられん、ハアハア。
そんなわけで転送屋とぐーぐる翻訳を駆使して店主のアダムさんとやりとりしてオーダーしたのでした。
すげーなネットの世界は広大ね!!

来年の4月くらいに完成するらしいので来年の自分用誕生日用ってことで値段には目を瞑った(笑

毎月1万泥棒に盗まれた設定にしておけば頭金だけで手に入っちまうんだ!(混乱

多分私はちゃんとした革靴なんてもう買う機会無いとおもうし一足だけ贅沢するとする(大体のコレクターは最初そう言う




EH88a1pVUAAIHGu.jpg
EH88bUZUcAEwsB1.jpg


モンスターパーカー / BURLAP OUTRITTER × MOONLOID


最近たまに雑誌なんかでも特集されることが多くなりましたがミリタリーウェアに「ECWCS (エクワックス/Extended Cold Weather Clothing System/拡張式寒冷地被服システム)」ってのがあるんです。

で、更に特殊部隊用に特化した規格に「PCU(ピーシーユー/Protective Combat Uniform/保護戦闘服)」ってのもある。
そのPCUの中で最高の防寒性能を持つのがLevel7にカテゴライズされた奴。
ハッピースーツとか有名かもしれんけど自分もそんなに詳しくない。

まぁざっくり特殊部隊用に作られた防寒衣って事です。
その辺が知りたければ適当に検索したらコピペみたいなのがいっぱい出てくるからそれ見てください(雑

丁度ダウンがへたってきてたので新調しようかと思ってたら半額セールだったのでぽちった。

とりあえずクソでかい。

これ日本人用にある程度型紙修正してるらしいんですが、でかい。
一番小さいXSなのに馬鹿でかい(笑
でもこれはそのでかいのを楽しむ服なので個人的にスマッシュヒットです。
なんか面白い。

ダウンじゃ無くてプリマロフトだし防水性能もあるので気軽に着られるのもでかいです。

難点としてはガチで暖かいのにデザイン的に全閉がデフォ。
フロントに巨大なマジックテープ付きのフラップがあるから開いたまま着用とかほぼ無理。
セーターぼろぼろにしてやるという強い意志も感じる。

真冬用って事ですね。
着丈長いけど身幅も半端ないのでバイクにまたがっても問題無さそうなのもミソ。

これ着て出歩くのちょっと楽しみー。

……勿論この二つを合わせたりはしない(笑

スヴァルトピレン401、エンジンオイル交換する。

スヴァルトピレン、4000キロ走ったので二度目のオイル交換。

慣らし運転して一度目は純正のモトレックスのオイルにしたんですが今回はちょっと高級なヤッコに。

私が購入したときの担当者の方がジムカーナの選手だったそうで

「ヤッコにしてコンマ2秒(2だったか3だったかは解らん)は縮みました」

とか言ってましたがそのレベルの話を私にされても絶対体感出来ないのです(悲!


ただまぁとりあえずなんかノリでヤッコにしたわけです(再

エンジンオイル交換、まぁ1万あれば足りるじゃろ^^と思って財布に13000円しか入ってないままでしたが

チェーン調整とかオイルフィルターとかで合計13000円弱。
さ、財布の中身を透視されている!?(してない

まぁ高いか安いか数字だけみたら個人的に破高いんだけど、やっぱノウハウあるお店なのでその点加味したら別に気にならない。
スヴァルトピレンの事調べてみるとちょこちょこトラブルとか目にするけどうちのは皆無だしその辺
KTMデュークで培ったものがあるのかな(単純に個体差とかかもしれんが)

あと何気に2018モデルは本国生産、2019からはインド生産らしい(うろ覚え
どっちが良いとかは無いけどやっぱ何らかの違いはあるのかもしれん。


で。
高級エンジンオイルに変えてみて確かにニュートラルに入れやすくなったなぁってのは解りますが
それ多分新しいエンジンオイルにしたから当たり前かもしれんけどね……。

違いの解らない男……(ボソ


ええい!

とりあえず今度は展示してあった青のフィラーキャップとか付けてみようかしらん。
青いいよ青。

あとタンクカバーに擦り傷入ってきたので部屋に大量にある革でも使ってニーグリップパッド作ろうかな。
以前作ったけどなんか気にくわなくて取り外したので二号を作りたい。


◆間◆


なんか寒くなってきたので気軽に羽織れる物が欲しいなと思ってたんですが
去年のウルトラライトダウンが丁度良い。
運転中だけ羽織って、降りたらカバンに突っ込む。便利だ。

今年こそカーディガン型でジッパーの奴だしてくだせえ。
ウルトラライトダウンにオシャレさとか1ミリも求めてないのでインナーに徹してくだせえ。


で。

なんか今までとは違う靴でも見てみるかと思って色々見てきた。

オニツカタイガーのメキシコ66とか。

なんか薄いソールだと足裏から衝撃が入るから骨が強くなるとかいう研究とかあったしちょっと興味がある。


逆に分厚いソールのホカオネオネ。
意識高い系の人がこぞって履いてるのをみて「俺は履かねえ」とか天邪鬼ってましたが履いてみたら
ふかふかして面白い。
今ほとんど完売してるけど、そろそろバージョンアップした奴が出るらしいんでそれを買おうかちょっと悩んでる。
なんだかんだいって人気はあるらしいのでタイミング逃したら買えないかもだし悩むな。


どうでも良いけど寒い時期にバイク乗っててトンネル入るとめっちゃ幸せですよね。
オフトゥン入ったみたいにぽっかーして寝たくなる(ならんけど


ヘイト産む恩赦って何さ。

ちょっと仕事で色々とばたばたしていてせっかくのディアブロもヴァルハラもほとんど出来ていない……。

台風ももの凄い被害だったようで水害は怖いなと思いました。
今住んでる家はその辺割とリサーチしてチョイスされてて水害も地震も山崩れもほぼほぼシャットアウト出来るので今更ながら安心。
これから亜熱帯になっていくかも知れないそうですし、水害対策はきっちりしておいた方が良いかもしれませんね。

台風に関しては仕事にもがっつり悪影響出ており、てんてこ舞い中。



そんなわけでせっかくETCカード装着してバイクで淡路島いけるようになったのにまだ行ってない。はよいかねば凍える。
そのくせなぜかウーバーイーツの登録してきたりほんま謎だと自分でも思う……!笑


何気に応募しようと思ってるジャンプ小説大賞も締め切り迫ってるし結構ぴんち。

乳酸菌パワーでなんとか乗り越える……。




唐突な広告に草生えるのじゃ。雑!
でもカルピス味だし寝る前に毎日飲んでる。
調子良いかは解らんけど眠りは深くなったように思うのでまァプラセボでもいいやって事で。
乳酸菌はいい。リリンのなんたらかんたらだよ……。



◆間◆


そういや恩赦云々のニュースありましたけど結構批判されてますね。
私も批判する側ですけど。

正直言って全く必要無いとおもうし、恩赦をして新天皇のプラスイメージになるはずがただのヘイトしか生み出してない。
こんなもん簡単に予想出来ることだと思うんだけどな。
むしろあれか、天皇制廃止に世論誘導するための布石か。

私だって天皇が向こうから歩いてきたら道を譲るくらいの敬意はありますがね(坂口安吾)


もうちょっとだけ考えると収監する期間短縮して税金浮くぜーって話なのかな。
それでも解せぬ。
むしろ恩赦っつーなら消費税を以下略。


軽減税率の8パーセントと10パーセントも本当にクソ面倒ですし増税するなら全部10パーセントでいいんですよ。
10万で2000円の差でしょ。家とか車レベルは流石にどうかと思うけど、それ以外は然程負担ないよ。
それより店舗の負担がやばいっぽいですしね(報道見るに)

しかも軽減税率テイクアウト云々だけじゃなくオマケ付き製品の価値がどーたらの図を見て本当に頭良い超エリートがこんな
アホみたいな、アホみたいな(大事な事略)ルールを決めたかとおもうと本当に驚きで幼児退行現象を引き起こしましゅ(バブ-

なんだかなぁ。
なんでもシンプルなのが良いです。
質実剛健。






よく解らん生体のざっくり飼育法

ワラジムシ、ダンゴムシの飼育が最近ちょっと楽しい。

飼育=繁殖になるので上手く飼育出来れば勝手に殖えるのも良いです。

私自身は結構後発組で今年の春に「ダルメシアンワラジでも飼ってみるか」と唐突に思い立って
イベント会場で「ダルメシアンワラジください」つって簡単な飼育のコツとか聞いてたら三葉虫みたいな奴を見つけて
「こ、こいつはワラジ界のストケスイワトカゲや!」とか思って自分の中でワラジに払う金額としては大分オーバーしてたけどそいつを飼った訳です。長いよ。

そんなスパチュラートゥスですが最初に導入した親個体がガンガン死んで半泣きでしたが最後っ屁のように産んでいた
個体がもりもり成長して今はほぼ成体が多分50匹~くらいいるんじゃないでしょうかね。

ここからネズミ産式に殖えるならそれなりに良い具合のペースです。

個人的にムカデも蜘蛛もそうなんですけど美麗な種より形状とか質感を気にしてしまうので
そういう意味ではこのスパチュラートゥスはかなりの大当たりです。
色は普通のワラダン色なんですがね、ぎざぎざしてるし顔もイケメンなのでグソクムシとか三葉虫的な格好良さがあります。

なので、別にワラダン集めたい!とかは思わんのですが、メタリカしかり良いものは良い!っていうね。

有名なワラジを見ていて個人的にびびっと来たのが


Porcellio bolivari(スパニッシュケイブウッドラウス / ユウレイオオワラジムシ)


ワラジムシってコモンネームより学名と和名が多いので調べて見たらウッドラウスって単語がイマイチはまらんからなのか。

Louse@シラミ、ろくでもない奴

酷い単語だ……笑 
ろくでもある奴なのに!



で、飼育に関してですがちょっと癖があるっぽい。

基本的には乾燥した状態がベースですが、ワラジ系にとって空気中の湿度は呼吸に直結するので高すぎても低すぎてもすぐ死ぬと思った方が良い模様。
その上で海外の飼育情報や購入ブースの話を見ても皆口を揃えて「通気が大事!」って言ってますね。

幸い、昨今はネットとかいう便利ツールがあるので生息地の気候とかはざっと調べるだけで簡単に解ります。
飼育が難しいとか言われる種を入手したらまずは生息地の情報を調べると吉。

ボリバリはスペインのワラジムシですが、どうやら南部に生息している模様。
勿論北海道と沖縄で全く気候が違うようにスペインも気候が均一ではありません。
大体の場所によってがらっと変わってくるのでその辺加味して調べて見る。

が、まぁ別に然程頑張らずとも有名な場所ならそれなりに出てきます。今回ならグラナダやセビリアあたりがマッチする模様。
ただそんな街中に生息しているわけでは無いのでそこからある程度の想像力で補強。
日本も真夏でも洞窟なんかに入れば涼しいですからね。
あ、こういう時に気象情報を第一に調べるのは勿論ですが私が個人的におすすめしたいのは現地在住の方やコーディネーターのブログとかコメント。
ソコトラアイランドブルーとか飼育する時なんかもめっちゃ参考にさせてもらった記憶があります。

で、今回のボリバリの場合、調べてみた感じ寒暖差が結構きついみたいですが基本的には乾燥している、という感じで良い模様。
思ったより温度面では頑強で10~30度くらいなら耐えてくれそう。

フルーツとかテトラ的なフレークを食べるらしいですが洞窟では何食べてんですかね。
洞窟にフルーツなんかはえるんか?じゃあフルーツ=コウモリのウンコとか?
でもコウモリつったら普通は虫食べるし、虫食べる生き物の糞とか好きならタランチュラの食べかすとかいけるかも?

……みたいな感じで色々かんがえて試すと楽しいかもしれない。
洞窟=コウモリって決めつけも良くないですが(笑

※以上すべて特になんの根拠も無いので失敗とかしても知らないです。自己責任でよろしくお願いしますよっと。




■つまりどういうことだってばよ?

よく解らん生き物飼うなら生息地の旅行案内とか現地民コーディネーターの記事とか見る。
その情報に生息地のこと加味して色々試す。がんばる。めげない。


ぶりくらに行ってきた……のか?(恐

ちゅーわけでぶりくらでした。


初回は普通に並びましたがそれからは出展者だったのでお客として列に並んだの久しぶりかもしれません。

なんか滅茶苦茶人が多いわ暑いわで毎度の事ながらグロッキーになりつつ一応ぐるっと回ったつもり……
なんですけど人が多すぎていけてないゾーンとか絶対ある。

樹海とかで迷うのもそうですが、人って同じトコぐるぐるしちゃいますからね。


はい。

で、今回の個人的な目的はラバーダッキーというダンゴムシでした。
ゴム製アヒルのオモチャという名前を付けられるダンゴムシ……?

ぐーぐる先生

こんなん笑うわ。ネーミングセンスが最高です。これもっと変な名前だったら「不思議なカラーリングだな」ってスルーしてた自信がある。
もうこれアヒルにしか見えん。可愛い。

ただ残念ながら今回は間に合わなかった模様。
それでもそんなに難易度高くないそうなのでその内またイベントで見られるといいなと思います。


そんなわけで、お目当てが買えずしゅーんとなっていましたがワラジムシで個人的に興味があったボリバリを買いました。

Porcellio bolivari

洞窟に生息するワラジなのでなんかとても幽玄ちゃん。マレースジオなんかと似た雰囲気があるやも。

飼育には癖があってphの維持と通気性あたりが大事なようです。まぁ試行錯誤して頑張る。



で、その次はスラウェシブラックセンチピード(Scolopendra subspinipes piceoflava)

まぁ予想してたとおりお値段がネックで見送り。大変素晴らしいカラーリングなので是非また出回って欲しい。
ちょっと難しい事情があるとちらっと耳にしましたけども。


その後買ってた差し入れを渡すべく知り合いを探してましたが先述の通り人混みに酔って一時間経たず会場から出る(早w

そっから大阪のエキゾチックサプライさんに目を付けてたギガンテアのホワイトレッグベビーを買ってきました。
ナビ通りに進んだらなぞの民家に到着してもう少しでインターホンならしてた。アプリ過信駄目絶対!

こちら、去年も殖えたらしいですが親を喰わせなかったらベビーがかなり大量に死んだらしいです。
今年は親をしっかり喰わせたらかなり調子が良いとの事でむっちむちの個体がワッサー!と店内に。

何か理由があるんでしょうけど、流石に素人レベルでは成分だのなんだの調べようがありません。
でも個人的に今後買うなら親喰ったベビーか、ある程度育ったものじゃないと買いづらいかな。

つーわけで、めっさ安価にホワイトレッグを入手するチャンスなのでお探しの方は行ってみては。
なんか細長くて悪そうなカラーリングが大変よろしいムカデですよね。

以前飼ってたのは温度の問題なのかもんどり打って暴れ回ってどんどん腐り出して脱皮したら身体固まらずそのまま
ワラジに喰われて溶けて死んだとかいう壮絶な展開だったので今度こそリベンジ。

なんか店員さんめっちゃ詳しそうだしムカデ強いのかな(この手のはお店が強い、というよりジャンルに強い店員がいるか否かって感じですけど)
ハードウィッキーも居て見せて貰いましたがあれほんますごいムカデだ。
当時買わなかったことが憚られる……!(なんかそれなりの数のベビーが変な落ち方したらしく何か原因があるのだろうか)




ってな感じでぶりくら会場に居たの一時間未満でバイク乗ってた時間が4~5時間ってこれちゃんと参加したといえるのか謎過ぎる。
来年は出展者で参加出来るようにがんばろ……(震

虹を待つ彼女 / 逸木裕

っつーわけでね(何


先日応募した横溝ホラー小説大賞ですが、受賞作読もうと思って(おそいYO!


個人的に若桜木虔先生のワナビ向け対策コラムが結構好きでよく読むのですが

■脱線■

勿論例えデータに裏付けられた確度の高い情報であろうと、そこを守るか、あえてはみ出すかは応募者が選ぶべきだと思ってますが知っておくに越した事はない話が多い。
例えば「渋谷の交差点が物語の始まり、ドローンを使うなんて展開は凡庸すぎて普通ならここで捨てる!とかはやや誇張してるだろうなと思うので気にしませんが、そして、だから、しまう、~と●●は言ったという記述は全部カットしろ!とかはなるほどその通りだと思ったり。
必要な部分は自分で取捨選択すればよいのです。

面白いのはスティーブンキングなんかは「~と言った」を推奨してたような気がする。まぁ日本語と英語でまた違うでしょうし、私は自分の文章なんか読みづらいなーと思ったら大体この「そうして」とかやたらめったら書いてるパターンだからこれは推敲時気にしてチェックしてます。
……応募作でそして、そうして検索して数えてみたら結構あったのは内緒だ……笑
あとあらすじの1行目が「人生に絶望した~」ってのがかなり駄目じゃん!って思ったり。まぁ2行目で取り返すから然程心配してないですが。


■脱線終わり■


そのコラムで横溝ホラー応募者にお勧めの過去受賞作紹介があったんです。

お勧めらしいのでコラム読みたいのを我慢して先に読んでみたのがこちら。


虹を待つ彼女 / 逸木裕



めっちゃよかったです。
語彙力迷子!いつもの書き殴りネタバレ無しレビュー!



ミステリの大賞受賞作なのに、ある意味ミステリらしくないというか、帯にもかかれてましたがこれ確かに
見方によっては恋愛小説です。

主人公の工藤に無茶苦茶共感したもので、まるで自分が「晴」を追ってる気分でした。

恋愛や結婚について非常に興味深い話をしています。

端的に言って
「恋愛っつーのは脳内ホルモンの過剰分泌であり、それは身体にとっては異常事態。
 ゆえに、かならずそれは終わる。結婚してたらそこから死ぬまで我慢するしか無い。
 恋愛をサプリだと捉えるなら必要な時に必要なだけ接取したらいいのに倫理観とやらに遠慮して皆やらない
 (なら人工知能に恋したら楽でいいじゃん)」
っていう主張です。ヒネてますが個人的にはドストライクでした。

そんな彼が死者の人工知能化をビジネスにしようとするのだが……といったお話。

死者の人工知能化!もうこれだけでおもしろい。

正直冒頭がおもしろいだけに、落ちがへぼい可能性もちょっとだけ覚悟してました。
が、予想外ながらも綺麗なラストでびっくりでした。


個人的に恋愛だのはただの綺麗事で、そんなもんは存在しないと思ってて、
けど世間的にはそれは確かにあるんですよね。
だから自分はわからないけど、それが知りたいなって話は昔だらだら書いた事がありますが
それに対するひとつの回答がこの小説でもあるかもしれない。

ヒネた主人公が最終的にどう成長するのかという部分もおもしろいので是非お勧めしたいです。


先述の通り滅茶苦茶主人公に共感して読み終えて「うひゃあー!」ってテンション上がった状態で後書きよんだら
「主人公は嫌なやつ」ってもろに書かれてて若干「……はい……」ってなったのは秘密だ!



ミステリ部分に関してはかつてドローンによる大規模な自殺をした晴が一体何を考えていたのか。
そして、彼女の取材を続ける工藤を脅迫する誰も見たことの無い(けれど存在は知ってる)恋人「雨」の正体。

明らかにそんなキャラじゃ無いのにセックスフレンドを求めてネットで募集していたりする晴の行動に隠された意味合いも
別に隠されている訳じゃ無いのに私は最期まで気付かなかった。上手い。
きっちり作られていて本当に素晴らしかったです。

ネタバレを避けるためにややイジワルな書き方しますが私コレ雨の存在は実は
自分を雨だと思い込んだ異常者と本物の雨の二人仕立てなんじゃないのかと思ってたんですよ。
ですが真相は雨はまさかの●人だと……!っていう。

読み終わった後、不思議とすっきりした気持ちになれるので最近元気無いから陰気なのはいらん……って
人にも是非おすすめです。何回お勧め言うねん。




良い小説読むと立て続けに読みたくなるんですが一本凄く会話が面白いと評判のゲームを買ったのでそれをやろうかなと思ってます。

「VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)」ってやつです。

いやドルフロとコラボしてて知らんゲームやなと思ってたら会話が面白いのでオリジナルの事調べたら
めっちゃ良さそうなので買ってみました。

会話シーン強化したいなと思うので黒川先生の破門とかもよんでみよかな。


該当の記事は見つかりませんでした。