S.I.D.

the spinner in dArkness  ワナビの徒然日記

イクリプス

明日から8月ってまじか・・・・



とりあえずこの前落ちた原稿を星海社に初応募しようと思ってまた最後のチェック中。

8/4が締め切りだけど、消印有効じゃなくて必着だから色々気をつかう。

しょぼくれてたけど応募する時ってのはやっぱ盛り上がる。


◆間◆



003_201707312147422e6.jpg


パナマのちっこいイクリプス。
脱皮してたけど・・・うん。

多分♂です。
まだ小さいけど・・・。
同じサイズであれば当然小型種は大型種より見分けつきやすいので「もしかして」って淡い希望すら持たせてくれない(笑

いいけどねー。うっうっ;;

ルルイエより愛を込めて。

兵庫県で小学生がヤマカガシに咬まれて意識不明になる事件が起こったそう。
蛇の種類が何故解ったかというと友人が捕獲していたからだそうで。
その後、体調不良から救急車を呼んだとのことです。

これ、どういうことだろう。

飼育しようとして捕まえて帰ってきて、その後実は咬まれていて(ヤマカガシの毒は解りづらい種類)重症化したのかな。
とっさに咬まれて友人が捕まえたのであれば友人何者だよ!ってなるし、毒を疑っていたのであれば画像検索でもして
すぐに病院に行っていたはず。
つまり捕獲したのは咬まれたからではなく、捕獲する為に咬まれたんじゃないのかな。

よくマンガとかで見る人間で言う犬歯部分が伸びてる蛇ってのはボアパイソン系列の蛇です。
こっちに咬まれると血がどばーっと出て痛いらしい。

逆にヤマカガシはアオダイショウとかと同じナミヘビ系列の仲間でこっちは牙らしい牙がない。
なので咬まれても多分びっくりするけど傷自体は浅いんですよね。皮膚を切り裂くからそれなりに血は出るけど。
それ故に平気だと勘違いしたのかもしれない。


私が小学生の時に見た動物図鑑にはヤマカガシの飼育方法も載っていたんだけど
実際は後牙類ちゅーて人間で言う奥歯に毒があるれっきとした毒蛇。
(勿論今は飼育出来ない)

滅多に人を咬まないし、一瞬のアタックじゃなくてかぷっと噛みつかれないと毒が入りづらいそう。
そして派手に腫れたりしないから気付きにくいけど毒性は結構高いそうです。
見た目が赤と黒でやばそうな見た目ではあるけど、見方によっては綺麗だから子供が手を出すのは仕方ないのかも。
ヒアリ騒動もそうだけど、子供自身に生き物に興味を持たせる機会というのはもっと増えればいいと思います。

事件が起こって「これは危ないよ!」じゃなくて、自ら考える力を養わないと対症療法的な行動しかできなくならないか。

兎にも角にも咬まれた子が無事回復すると良いのですが。
※意識回復したそうです。良かった良かった!



◆間◆


本日はわんふぇすなので色々情報あさっておりましたが。マジンガーウィーゴ超かわええ
欲しいキットがあって、でも再販はあるだろうしまたの機会に・・・いやでもプレ値でもいいからテンバイヤーから確保
すべきかしらんと悶々としていたところ
お知り合いの方が買ってくれたらしく、尿漏れしそうになる。秀樹じゃ無いけど感激。。。

人間のガレキは絵の描けない自分にとってはアイペイントが鬼門すぎてハードルが激高いのですが
小さなクリーチャー物なので頑張って作るぞふへへと明日への活力。ルルイエ印のトゥルヒー汁(謎

同じ原型師の作品、レッドピラミッドシングがすっこぶるかっこいいのでそちらと一緒に並べるんだい。
クソあっつい中さわやかな一陣の風が私の頬を高貴なる月の光とムーンライト伝説云々と共にとりあえず撫でた(あ、やっぱ俺こういう描写できねー



◆間◆


「今週は小説二本よむぞい」

とか言ってましたが

・二千七百の夏と冬 上下

だけで力尽きました。

面白かったのです。直木賞作家の作品です。でも文章の「合い」というものが確実に存在することを理解した。

医者が手術の時に「メス!」とか言うと看護師さんがぱって渡してくれるシーンとかありますけど、あれも呼吸があって
「あー、こいつ次これ欲しいんだな」って先読みして準備しているそうです。

小説も同じで自分の欲しい情報を「はい!」って次々渡してくれる物が私は好み。
私自身斜め読みというか、ストーリーを追うと言う事が最も重要なので情景描写とかがあまり好みじゃ無い。
だからさくさく進む小説が好き。

古い小説とかだとかなりねちっこい描写とかもあるんでこれは善し悪しではなく、好みだと思う。

そんなわけでちょっと合わず時間がかかったのです。

でも、同時に自分の課題もみえた気がする。
自分が書いてたのは小説じゃ無く、ただの物語だったんだなっていう。
小説としてすべき描写をしていない。
自分としてはがっちり受賞するんじゃいと書き上げたつもりだったけど心のどこかではラノベレーベルだから甘く見てくれんだろーという想いがどっかにあったのだとちょっと反省したりしつつ。

一般にも出せる物をちゃんと作らなくちゃ。

あれ、脱線したままえらく進んでしまった(驚愕

本作の感想に戻る。
アイヌとかの知識をかなり練り込んで縄文時代を書いてるって前にちらっと書いたけど
それをやりすぎてちょっと作者の知識が主人公の縄文人ウルクから透けて見えてるのがちょっと鼻についた。
縄文人と弥生人。

縄文系は所謂「濃い」。平井堅みたいな感じ。平井堅はどうかしらんが毛が濃く酒に強い。
弥生系は渡来人とされ「薄い」。所謂平たい顔族。毛が薄く、酒に弱い。

自分は完全に弥生人系列ですわ・・・と読みながら思った。

あ、また脱線した。
とりあえずそういう知識をちょこちょこ挟まれてなんだかウルク目線なのにウルクじゃなく作者が見えちゃうのが
ちょっとだけ自分は合わなかった。これは先の通り善し悪しではなく好みの問題だと思うけど。
ただ縄文時代から弥生時代への切り替わりに関してはかなりそれらしいことが書いてあるし納得出来る。
歴史だから「ある時点で、何々の理由で変化があった」と年表には書かれるけど実際は複合的な理由が存在する。
これについては激しく同意する。進化論について同じようなことを過去に書いてたけどどこに書いたかはわからん。


で。
お話としては最後の結末が既に解ってる。
というのも現代編と縄文時代編が交互に繰り広げられて、先に現代で縄文人と弥生人の古人骨が発見されているから。
だから二人がどうなって終わるか、そのオチは解ってるんです。
でも、それでもほろっと来るね。
てっきり最後の事件はキンクムゥだと思ってたから思ってた以上に話が広がって、その上で綺麗にまとまっててびっくり。

日本列島にもヒグマがいたというのは個人的にもちらと耳にしてはいたけどあまり詳しく調べないまま
過去作のネタに使ってたので色々一安心した。うん、安心してる場合じゃ無いよ、やっぱ色々裏取りしないとね。


生き物とかの名前をほとんどもじってあるので最初は解りづらい。
読むなら一気に読まないと混乱するかもしれない。

先に書いたけど、セオリーからは離れた書き方をしてるけど文章としては私は気にならないし読みやすかった。
時代が変わって数ページでまた元に戻ったりが頻繁に起こるので多分これを駄目だという人も多いでしょう。
でも、それは「そう」だと思って居るから。
誰かが言うから、じゃない。
自分で考えて、その上でこの文章を、物語を自分が理解することは難しいのかと考えたらそんなことは無いはず。
作中でもちらと書かれている内容ともかぶるんだけどネタバレになるから曖昧なまま終了。

本作では現代の在日朝鮮人に対する差別問題とかにも踏み込んでは居るんだけどこの点に関してはちょっと疑問が残る。
日本人は内向的だし保守的なので海外の方を必要以上に区別しようとする傾向があるのはその通りであると思うし良くないと思う。
けど、それが今の憎しみに溢れた状況を作り出しているかというと、違う。

だって思い出してみてください。
ヨン様時代のブームの時に韓国に悪感情持ってた人ってそんなに居なかったと思うのね。
私は流行り物からちょっと距離起きたい天邪鬼なのでその時点でも同じでしたけど。
それがどうして今みたいにこじれたのか。
発端となった憎しみはどこから生まれたのか。本作ではそこに一切触れないことに私は違和感を感じた。
それであるならばその話題を使うべきでは無いとすら思う。

漢江の奇跡の裏にあったお金はどうなったのか。国同士の約束を簡単に反故にしたり、スポーツに政治を持ち込み
猿真似をして相手国を馬鹿にして、その理由としてかつての戦争の旗を持ち出す。
その嘘を本物にする為にある時期からいきなり旭日旗は戦犯旗となった。
慰安婦問題も証言がコロコロ変わり、明らかに朝鮮戦争時代の話を持ち出される。
世界各地によくわからない憎しみの象を立てられまくる。
あらゆる事に国民の感情が優先し、国をまとめる為に憎悪の対象とされる。

そしてその国民感情を作ったのは紛れもなく、その裏に居る奴らが自分の罪を隠す為に作り出した教育そのものだ。

言っておきますが私はかつてそういったことから韓国が嫌いでしたし今も良い印象は持ってない。
けど、それはあくまで教育の話です。人間としてはDNAなんぞいちいち照合して喋ったりしないしどうでもいい。
血筋で区別しても仕方が無い。人間は人間単位でしか評価出来ないのだから。
以前お世話になった北朝鮮系の在日朝鮮人のおばちゃんも居ますし、その人は「朝鮮学校で教えられてたことと全然違った」って言っていた。
そのおばちゃん自体は何も悪いことはしていないけど、それでも心ない日本人には嫌がらせをされるのだという。
日本に居る日本人だって、アホから天才まで色々居る。血統でカテゴライズする意味は全く無い。

嫌いなら嫌いでも良い。でもその嫌いな理由をちゃんと理解していない人が多すぎる。
雰囲気に流されること。それが今の日本のガンじゃないのかな。


うん、なんでこんな脱線してんだ(再度

ま、そんなわけで色々思うところもあるけど面白いので興味あれば是非に。
・・・相変わらずネタバレ避けながらおすすめするというのが非常に難しいなと思いつつ。
試し読みしてみて文章が合いそうならおすすめです。
縄文時代小説といってもそこまでへんてこりんではなく解りやすいし王道です。
そしてその予想をちょっぴり超えて、その上で綺麗に着地。うむ。(強引に締め

しっこ漏らし猫

風呂に入って出てくると、脱いでたスリッパに猫しっこ爆弾が。
まぁうちは樹脂タイプのスリッパなのですぐにたわしと洗剤でがしがし洗いますけど。猫の居る家庭ではおすすめです。
脱線した。

とにかくそういう事が結構あって。

私の足のにおいが好きなのだろうか。
とか思ってたんですけど、最近気付いた。

これ多分だけどシャワーの音聞いてしっこしたくなったんじゃないかな。


えーと、バイパーボアもそうですが給餌してある程度時間空けてから丸洗いするとぷりっとフンする。
多分雨とかに反応するようになってるんだと思う。

これって実は猫とかも同じなんじゃ無かろうか。


猫飼ってる人は解るかもしれないけどトイレしたあとめっちゃテンションあがって
ヒャッハー!ってそこら中走り回る。

それって確かトイレが無防備な時間だからそこから逃走する為に、とか聞いたことがある。
※うろ覚えなので学術的にはー!とかいう話では無い。

臭い=トイレ。

これを消す為には雨の中するのが良いのでは。


そしてこれだけだとただの予想なのだけど。

①プールで目が赤くなるのは実はプール内でしっこしてるから

塩素で赤くなるってずっと言われてたけどあれってプール内でしっこする不届き者が居るかららしい。
そうなると多分結構な量がしっこされている可能性が。
つまり人間も水場でしっこしたくなるように出来ている。

②風呂場でしっこする

以前島田紳助氏が「風呂はいったらしっこするやろ」と言っていた。
しっこはせんが、確かに風呂に入ると尿意は感じる。

これ、実は意識してみると手を洗ったり水を飲んだりしても尿意感じるんですよね。
あーいや汚い話ですまんけど(遅いよ!


思い込みかもしれないけど、水音を聞いたり、水に触れることで尿意を促されるように我々も設計されている可能性。

つまり猫もシャワー音を聞いてしっこしてる可能性が高いんじゃないかなーと。


ほ乳類特有って事も無くやっぱり排泄ってのは自然界では危険な行為だし
そういうDNAに「水音きいたらしっこする」とか書き込まれててもあんまり不思議じゃ無い。


えー、うっそだーと思った人は是非意識して貰いたい。
手洗いの時とか顕著!



◆間◆


いきなり何言い出したの・・・・(いつものことだよ



さて、なんか不穏な空気を感じたプルクリペスの交接。

スパームウェブ張ってから時間が経過していたのもあった気がするので
もう一度張るまでまってみようかなと思って居たのですが思いの外早く張り出す。


008_20170729225522d04.jpg


ってことで再度本日交接へ。

なんと、今回は一発。
撮影する間もなくささー!っと組んでごそごそしてからささー!っと逃げる。


007_2017072922552167f.jpg

「大人になりました」


まだまだ元気なので様子見て何度もかけますぞ。
とりあえず一番恐ろしいのは一度も交接成功しないまま喰われる事なので
一回成功したので一安心です。

つっても産むまでが遠足ですからね(?

いや違う、孵るまでが遠足。


頑張れ♂。負けるな♂。


タランテラ

うーむ。


とりあえず一端捕食停止&新居の糸張りも一段落したのでプルクリペス交接させてみる。

いざ、♂投入!


以下何度か交接させてみたことのある人なら解ると思うけど

なんか反応良くない。


近寄って行くけどタッピングせず、そのまま相手に気付くと逃げる。
良い具合にファルコンな♂だとケージに入れたら即ウェーィwwwつって(言わない)交接するんだけど。

ちょっとこれはやばいと感じたので隔離。
流石に組みもせず喰われたら血尿出るから冷や汗もんですよ。

ちょっと考える。
♂は捕食もしてるし元気なんだけど、何だろう。解らん。

前回は♂が死にかけへろへろ矮小じいさんだったので慌てて交接させたけど今回はぴちぴちなので
ちょっと考えたり試す時間があるのは有り難い。
つっても運が悪いと速攻めきめきされるのでやっぱり冷や汗ですん。



007_20170726230543c4e.jpg

前回のボツ写真。


つかうもの

フォルミクは個体差もあるのか本当に色々いて面白いけど狙い撃ちするの難しい印象ががが。


001_20170725202046d31.jpg

捕食開始したレッドアイランド。
とりあえずこの個体に関しては何ひとつ文句が無い。
でかいし綺麗だし最高にかっこいい!自画自賛!




◆間◆


ふむん。

靴はファッションアイテムとしても確かに大事かもしれないけど
個人的には道具という側面が強い。

なので歩き心地悪い奴は靴としての存在意義がよくわからない。装飾品?
たしかに纏足とかの文化もあったけども。

とりあえず道具としての靴って目線でいくとピンヒールって本当に謎。
小さい子供おんぶしつつヒール履いてる若い母親とか見るとひやひやする。


何言い出したの。

いえ、文章も同じで伝える為の道具と言っても良いと思う。
伝えやすくする為にルールがある。

けれど、逆にルールに縛られすぎる傾向があると思うんですよね作家目指してる人って。
もちろん先述の通り「伝える為の文章を伝えやすくする為にルールがある」

今読んでる「二千七百の夏と冬」、直木賞作家の作品ですが結構そういう意味では
ルールを踏み越えてる部分がちらほら。
でも全く読みづらく無い。

んー。やっぱルールはルール。
守破離っすな。


ちなみに本作は縄文時代の生活を書いてるんだけどこれ恐らくマタギやアイヌをミックスしてかなり独自に書いてると思う。
実際縄文時代とかどうなってたのか全然解らんし、解ってたりするのかな。
聞いたこと無いけど、偉い人は研究してたりするのだろうか。
例えば日本語を話していたのか、どうかとか。
会話とかどうなってたのかまったく未知数。

本作では普通に日本語で書かれてるけど動物の名前をヌーとかカーとかイーとかで書かれていて
最初かなり混乱する。徐々に現代の動物のもじりだと解ってくるとすっきりする。

多分だけど、これ直木賞作家の作品だから信じて読んだけど
ワナビの作品ですってこれを出されたら多分蹴る人も多いんじゃ無いかな。
縄文時代編に入ると謎の名詞がいっぱい出てくるし。
(お前の脳が古いCPUなんじゃねとかいうのは止めましょう:震)


とりあえずルールは先人が築いた解りやすくする為の基本。
素人はそれに従って書くべきだというのは今十分に反省して勉強しているところ。
でも、そこから先に踏み出そうとする人にルールを遵守せよ!と口撃するのはどーかなーと思うのでした。

いや私が何か言われたわけじゃ無いんですけどね。

誰かが言ったから「こうする」
誰かは恐らく意味があるからそういう事を言ってる。
でも、「それ」を成す為に必要であれば「こうしない」事も許容されると嬉しい。


思ったこと書き殴り推敲無しなので色々変でも知らーぬ(無責任



ミランダ/コロッケ/イヌカイ

「名前を出さずに勝負したかった。そしたら上手くいってしまって。完全に認識不足でした」


うん?論点ずれてるよな?

自分の店の商品を、その事実を隠した上でTVで絶賛してたんよな?
そしてこのニュース見るに特に突っ込みも無し。

一方生徒に飛び降りろと発言したとかで教師がやんややんや叩かれるも実際は
たとえ話だった(と言われている)奴とかはぼろっかすに書かれている。

マスコミが洗脳装置化してるのは一種のSFにおけるディストピアに片足・・・は言い過ぎか。
でも指2本くらいは突っ込んでると思う。ビッグブラザー!

うーん、やはり世の中は金とコネだ。
銭ずら!

※唐突だが銭ゲバには一部シンパシーを覚える部分もある。



◆間◆


004_20170724211818a29.jpg


ミランダ脱皮。
相も変わらず格好いい。

ポエキロの中で・・・あ、この話もういいよね!
解ってる!だってこいつをネタにするたびに同じ事言ってるもんね!
毎日毎日書いてるとなんかいつ何処で何を言ったか訳わからんことになるんよ!

というわけでポエキロで一番おすすめのミランダさんでした(結局言う
一番好きなのはサブフスカのハイランド!これは譲れんよ!

「メタリカは?」
あいつは俺が勧めなくても皆飼うでしょ、ずるいわあんなん(でも好き


◆間◆


政剣マニフェスティア

ようやく8面クリアじゃーい!

マニフェスティア

超脳筋パーティ。
イヌカイさんは結局最後まで一度もパーティから外れることは無かった。
記念に議員バッジは全部イヌカイさんにぶっ込んだ。

何気にずっとプレイしてたけど後半のレベル上げが死ぬほどきついのと難易度が高すぎて全然クリア出来ず、
けどストーリー気になるしナイカクは気持ち悪いしでフラストレーションも溜まったっちゃ溜まったんだけど
それでも難しいからこその達成感よ・・・!
ゆーてもインチキ攻城兵器、猫(ナターシャ)でゴリ押したけども!

naik.png

(うぜー)


サービス開始時はまだ民主党があったんですけど

yato.png

うん、まじで一歩間違えたら消されていた(迫真


カオス過ぎる設定とキャラと、政治ネタ盛りだくさんで「これ作った奴アホやろ・・・」と真顔で画面見つめつつも
楽しませて貰ったので色々感慨深い。

とりあえずシナリオ的にはネタバレや攻略見てなかったから最後にめっちゃ驚いた事もあったのでまだクリアしてねーって人は是非自力で頑張って頂きたい。

とりあえずトランプ云々のネタ仕込まれてたけどトランプがその前に飛ばないかちょっと心配である。

ちょっと興味わいた人は左のサイドバーのリンクからどぞー。
難しいっちゃむずかしいけどクリア出来るとちょっと達成感あって良いですぞ。
あとSSRは出たら嬉しいけど初期に育成するのは罠。
最近SSR1割になったらしいし毎日政党交付金配ってるのでログインしてれば無課金でも割と潤沢にそろいますんよ。

愛の巣(棒読

hp_20170723203410324.jpg

ブルーレッグスターバースト


繁殖に向けて愛の巣作成&引っ越し。
生息地見るに無機系の床材の方が良いかもしれないけど、手持ちで間に合わせたので若干合ってない床材。
phとか気にする蜘蛛だったらどないしよ・・・(戦慄
ただまぁ繁殖自体はそう難しくないぜとか書かれてたので信じるとする。
床材は腐葉土、けと土、山ごけのミックス。平面じゃなくて傾斜付けてみた。コルクバーグを入れるかちょっと悩んだけど現状入れてない。
多分入れた方が落ち着きそうだし、具合の良い物を探してみよう。



009_20170723204123993.jpg

♂は♀のいたケージに投入。
♀の張った糸に反応してなんかあるかなと思ったけど特に何の反応も無し。
いやしてるのかもしれないけど見た感じはよくわからん。
効果があるのかも謎。まぁプラセボで。



◆間◆



書くネタが無いとこうまで暇になるとは。


4本くらいプロットあるけどどれもなんかぱっとしない。
よく言われるけど超簡略化して説明すると物語って

①鬼が暴れているよ!
②鬼退治に行くよ!
③子分を作ったよ!
④オラァ!鬼ィ!銭だせ銭ィ!!
⑤完!

なんですけど、この③番で用意した物じゃ太刀打ちできなくなって④番でぴんち!土壇場で何か頑張るってのが
物語の盛り上がる部分だと思うのね。
スーパーサイヤ人とか。
他に小さな例だとインディペンデンスデイでビーム発射口にミサイル撃ち込もうとするけど機械の故障!
→汚え言葉で悪いが……ぶち込んでやるぜ!!(このまえTVで見たら台詞変わってた。しょーもない規制やで)

っていう。
最近はそのピンチじゃなくひたすら主人公が相手を無双蹂躙するのが流行りらしいけどあれって本当なのかな。
見ていないから解らんが、ピンチを読者が求めてないなら読者は物語に何を求めているのか。
なんかすげー混乱するので深く考えないようにする。

ぷち脱線。
このピンチをなんとかして乗り切るってのもスーパーサイヤ人みたいな覚醒系は結構簡単っていったら何だけど後付けでどうとでも出来る。
別にちょこっと伏線あればいいんだしそういうのって誰でも作れるから氾濫してる気がする。
※いやもちろん最初にそれをやった先生方は凄いんだよ。でもそれが衝撃的すぎて後追いがいっぱい出来ちゃったから今となってはって意味。

で。
そのどんでん返しのネタの出来によって物語を作るときの頑張りに直結するのです、自分は。
なのでそこが良いの浮かばないとなんか、アカン。テンション上がらん。

しゃーないので作りかけの新作っていうか以前冒頭だけ書いて放置していた「テンプレラノベっぽい何か」をいじろうと思ったのですが。

Vc.png


????

ちなみに全部で5ページ書いて放置してて更新もせず一年くらい放置。当然延々とゼロが続いてた。

・・・なのに何故か突然見られている。
去年電撃で三次通過した時は多分ワナビによるライバルチェックが入ったのかちょちょっとPV増えたりもしてたけど
今年は一次落ち爆死なので名前も出てない。なんでだ。異世界か?異世界がいいんか?(自棄

ただまぁ見て貰えるというのは有り難い。
ついったのTLとかで素敵な絵を流してくれる人が居て大変有り難い。絵ならTLで流れてきた時点で目に入る。
でも小説的なものだと時間かけて読まなきゃ駄目だし、つまらないと途中で切り上げられる。これはねー、来る物がある!
でも逆にちゃんと見てくれてるっぽいなぁとなると「がんばるぞい」的な気持ちになるのも解る。
なのでそういう意味ではネット小説書くの楽しいなって言う人がいるのも頷けるな。
自分はあっちこっち弄りながら書くから連載は無理だわ。

脱線。
そんなわけでネタが浮かぶまでテンプレラノベっぽい何かを弄ろうとしたんだけど・・・
こっちはオチはあるんだけど、導入後の第一事件が書けん。いや書いたけど自分で寒くなって消去。
何気に一個目の山って大事すなぁ。むずい。

※ここで冒頭に戻る。


◆間◆


生きよ、堕ちよ。

Kindleに入れてるので手持ちぶさたで暇な時にさくっと読むのに良い具合な堕落論。
これほんと面白い。

性悪説好きな人は読むと幸せになれる。それが普通なんだってっつー。

UN-GOから入ったミーハーですけど面白いもんは面白いので良し!(ベネ!



◆間◆

買ってきた小説ですがちょっと休止中。
いや週末あまりにもばて過ぎてバタンキュー、日曜もその影響でぼけーっとしてまして。
来週は半分くらいの仕事量に落ち着くっぽいのでしかと読みますぞ。
アレックスと縄文人の二作読破予定。

ボ卿

序盤は別に内容知ってるから良い。

ってんで見てなかったメイドインアビスのOPだけ見てみた。


ボ卿おるやんけ・・・・


え、どこまでやるの?
っていうかボンボルドまで行くの?いいの?大丈夫なの?

色々不安ですが、個人的にボ卿のくそったれなのに格好いいというなんとも言えん悪役造型が最高に好きなので楽しみ。

メイドインアビスはあの絵柄でよくもまぁあんな内容になったよ!
1巻まではふっつーにありがっちーなお話なのに、それがフェイクというか、ひっかけというか
とにかくそこから凄いので1巻で止めちゃう人はそれ駄目ですからね。
このマンガ始まるの2巻だから!
1巻はフェイクだから!



◆間◆


本日が直近の天王山だったのですがなんとか乗り切ったった。

相方なら2時間くらい残業してんだろーなと思いながら定時で帰宅しつつ、だったら俺に2時間分の残業代つけろやと思ったとか何とか。
まぁそれいったらほとんどの団塊や団塊ジュニアは・・・おや?こんな時間に一体誰だろう?

ただまぁこの状況が割と当たり前になって、ファーウェイの初任給40万に驚かれるってのがこの国の変なとこですね。
初任給20万で当然!みたいな。
「無能な自分だけど生活を守る為に若い奴らからちゅーちゅー吸ったれ!」という強い意志を感じる。



◆間◆


レッドアイランド、脱皮後&低温被曝後初捕食。
サンキュー!!!

いやほんと心配しまくってたので良かった。
ラッシーもちゃんと食べてるし、ギガンテアも色が薄くなってるけど食べてる。
一応これで心配な奴らは居なくなった。

あの低温被曝の影響で死亡した個体もいるのですけどね。。。
※コクレアスヴォラクスがじわじわ体調崩してそのまま逝去。地味だけど珍っぷりが気に入ってたからかなりショック。


とりあえずカイロとピタ適をきっちり用意して、温室は毎日きちんと目で見てチェックは徹底しないとね。はぁ。


029_20170721211100a4b.jpg


ミランダ。

プラケにコルクバーグ入れただけのケージ。

そういやプルクリペス♀も大きいプラケに引っ越ししとかにゃ。
抱卵時の放置性能を上げる為に大きくて床材も深くセッティング!といきたいのですが
深くしすぎると様子がわからんし、卵取り上げる難易度高い。

むしろ放置して産ませた方が良いのかもしれないけど。
ちょっと久しぶりに海外の繁殖状況とか調べてみよ。

※あ、ハンモック放置タイプか。

積み小説

餌切れてたので発注&到着。

この時期に調子こいて餌与えまくって食べかす回収怠ると大変な事になるので
ちょっと暫くヘヴィ。

仕事も今週来週びみょーに忙しいのでつらひ。


◆間◆


MAX1.jpg

Air Max 1 Premium


新色だそうな。
まだ国内発売されてないけど。
キャンバスにレザーの組み合わせでタンもレザーらしい。
こういうシンプルな配色好み。
この手の色って有りそうで無いのよな。大体余計な事しててがっかりする。


◆間◆


本成分補給。

家にあった積んでる本も並べてみる。

・チャイルド44
これは映画が最高に面白かったから文庫版も買った。そろそろ内容も忘れてきたし読んでみよかな。
ソ連時代の子供連続殺人事件ものなんだけど、社会主義において犯罪は起こらない=殺人事件ではないという
とんでも理論により殺人犯が野放しにされていて、それを一癖ある主人公が追い詰めるという話。
映画も出来よかったのでそっちも是非に。

・その女アレックス
なんか評判らしく一時期そこらの本屋でみかけた。
賛否両論らしいけど、さて自分はどちらに転ぶか。

・二千七百の夏と冬
これは今日本屋で見かけて面白そうなので買ってみた。
ダム工事現場で縄文人男性の遺体と、弥生人女性の寄り添った遺体が発見された。
果たしてこの二人にはどんなエピソードが・・・というお話らしい。もうなんかそこだけみても面白そう。
ただ個人的にそこまで分厚くない本を分割されるとえーってなる。
本作は許容範囲だけどバチスタとかのうっすい分割商法には反吐が出るね。5㎜~くらいしかないの。

・幼年期の終わり
ネタに使いたくて買ったんだけど結局まだ読めてない。
こう、スイッチが入らんと一気に読めないタイプの本。名作なのは間違いないのだろうけども!


あと、本屋で火花も買おうかなってちょっと思った。
あれ話題になったけど読んで無いんですよね。
芥川賞というか純文学っていまいち食指動かないんだけど結構エンタメとしても読めるらしいし薄いから
読んでみようかなと。
ただ、これだけ売れたので古本屋で買おうと思って思いとどまる(おい


◆間◆


あと一冊、マンガ。

・かぐや様は告らせたい

前巻シリアス路線だったのでどうなるかなと思ったけど全力でラブコメにもどってきた。
ラブコメって言うか、なんなんだこれ。ギャグ?
正直声だして笑えるギャグマンガって非常に少ないと思う。

キャラクターとはこういうのをさすのでしょーな。
まぁ勉強になるかなというよりは純粋に面白い。
藤原書記とかぐや様と会長の組み合わせは非常にすっばらしい。


小説◆ 「眠る狼 / グレン・エリック・ハミルトン」

お、、、、


面白かった・・・・・!!!

本当は今日の夜読み切るはずだったんだけど昨日の夜読むの止められなくなって3時くらいまで延々一気読み。
おかげで本日ちょっと仕事きつかった(社会人失格ゥ!

いや駄目なのはわかってたんですけどそれでも止められんてのは凄いです。



帰ってきてほしい―
十年前に故郷を離れ、海外で軍務についていたバンのもとに、ずっと音沙汰のなかった祖父からの手紙が届く。
プロの泥棒である祖父の弱気な言葉に胸が騒いだバンは、急ぎ帰郷した。
だが到着した彼を待っていたのは、頭に銃撃を受けた祖父の姿だった!
人事不省の祖父をまえに事件の真相を追う決心をしたバンは祖父の仕事仲間に協力を仰ぐ…
ミステリ賞三冠を制した昂奮と哀愁がクロスするサスペンス


以下ネタバレ無しなので未読の人は意味不明かと思うけど興味出たら本屋で探してみてくだせえ。
これはほんと面白かったのでネタバレしたくないでござるよ、ニンニン。

割と量があるのでさくっとは読めませんけどめちゃんこ面白かった。


現代の主人公の一人称、少年時代の主人公の一人称を交互に繰り返していく構造。

仲違いした泥棒稼業の爺さんと、軍人の主人公。
そして凄腕の技能を持った爺さんの仲間達。
爺さんがどうして今になって主人公を呼び戻そうとしたのか。
そして爺さんを襲ったのは一体誰で何の目的だったのか。
バン(主人公)とドノ(爺さん)がどうして仲違いしたのか。

「ここだ」

うううう・・・・・!!!最高に格好良かった。
伏線の張り方も非常に細かかったし、もう一回読もうと思う。
言葉にしては言わないけどドノはとある事に対しては本気でぶち切れる。
それは相手を思うからこそ。
そして、バンもそれをどーこー言わないけど実践している。
かつて仲違いしていても、この二人はやはり。。。
ネタバレ無しだと全然紹介出来ないけどとりえず「面白いのね」ってのだけ伝われば幸い。

なにやらシリーズ化されて3作目まで出てるらしいけど日本語訳では本作までしか出てないっぽい。
はよ読みたーい。
ただ今回の翻訳非常に読みやすかったのでこのクオリティで出るなら時間がかかっても構いませぬ。


ミステリは動機が大事だと思う派。
トリックとかは正直どうでもいい。
黒い牙の脱皮殻着ぐるみとか「えー・・・」ってなったけど。ていうかあれはタランチュラ飼育している人なら無理だとわかる

どうでもよくはないか。
でも私は動機が気になる。
大好きな13階段も容疑者Xも動機で好きになったようなもんだし。

最後のどんでん返しも綺麗に決まってるし、騙された。

ただ一つ、登場人物で一人生きてるのか死んでるのかわからない人が居る。
※終盤バンに「殺させて」って台詞を言った人ね
これ続編でわかるのかなー。どうなんだろう。


なんとなくあらすじ見て「面白そう」って手にとってそれがヒットするとなんか脳汁いっぱいでる。
かつて試聴とかなかった時代のCDジャケ買いみたいな。


現在の課題、情景描写。
それに関してもぼんやりと方向性は見えた気がする。
別に美麗な言葉で飾り立てなくてもシンプルに~は~だ。を綺麗に繋げれば良い。
モザイクタイルみたいにその言葉自体が綺麗で整っている必要は無い。
はまる場所さえ間違えなければ全体として綺麗になる。

つまりは「必要な時に必要な量描写する。」

うん、簡単だわ。ただそれを実践出来るかどうかはまた別の話だけど理屈はシンプルにそれだな。
読み手がだれない文章って難しいな。

本作で過去と現代が切り替わると「えー、どうなるんだよ!」とちょっと読みたいパワーが減る。
これが視点切り替えのネガ部分なんだろうな。

意識しながら読むってのはもうちょい繰り返してみよう。




梅雨明け(実感無し)

眠る狼、まだ読み切れてないけど

おおおお、おもしれえええええ・・・・・(うれしさと絶望の同居


眠る狼  グレン・エリック・ハミルトン

【アンソニー賞、マカヴィティ賞、ストランド・マガジン批評家賞最優秀新人賞受賞】 
帰ってきてほしい――10年前に故郷を離れ陸軍で海外勤務についていたバンに、長い間音沙汰の無かった祖父から届いた手紙。
ベテランのプロの泥棒である祖父の弱気な言葉に胸が騒いだ彼は、10日間の休暇をとって帰郷する。
だが空港からなつかしき祖父の家に着くと、そこでは頭に銃撃を受けた祖父が倒れていた! 
人事不省の祖父を問い詰めることも出来ないバンは、手掛かりを求め、旧知の仲である祖父の仕事仲間に協力を仰ぐ。
どうやら祖父は最後の大仕事を行なっていたらしいが……昂奮と哀愁がクロスするサスペンス


翻訳物って文章が合わなくて無理!って思ってたけど最近のはそうでもないですね。
一人称ですぱーっとわかりやすい文章。
※ただまぁチャージャー(特定の車のジャンル?)だのポーチ(玄関ポーチ)だの、そして
フィートインチだの直感的にわかりづらいっちゃわかりづらいんですけど。

じいちゃんの友人のおっさんや爺さん達がワーワーやってて現状美女とかそういう要素皆無。
でも面白い。
ちょっと自分の中にある「こうあるべき」っていうもやもやを解消するきっかけになってくれたら嬉しい。

現在まだ半分くらいだけどここから綺麗に着地したらすげー褒めちぎると思う。
逆に話題にならなかったら、はい。そういうことです。


木曜休みなので少なくとも明日の夜には読破ですじゃ。
プラモとかもそうだけどのめり込むきっかけがあるとずっと同じ事してるので
外れにあたるまで色々読むぞー。おー。


◆間◆


011_20160918183819081.jpg

産卵前、かつ脱皮前のクラーシ。

液状化したタマゴ産んでから死にそうでしたが徐々に持ち直しつつあります。
脱皮してないし二発目来てくれたらうれしいけど、まぁ無理はしなくてもいいです。。。
低温被曝怖い・・・・。

ねこむし

そういえば先日買ったディスクブレイズが思いの外良い具合でちょっと幸せ。

最近仕事でもプライベートでもえらいこっちゃだらけだったので心が荒みまくってたんですが
これのおかげでちょっと堪え忍べた。

基本的にディスクで締めるのは暇な時くらいなもんであとは普通にスリッポン形式。
自分の履く靴は大体そうだけど、やっぱ脱ぎ履きが楽なのは素晴らしいどす。

歩き心地については、まぁぶっちゃけ最近の靴で歩き心地が駄目な靴ってあんまない。
コンバースオールスターとか、安いビジネス靴くらいか。

数年前までエンジニアブーツしか履かない人だったとは思えないレベルでスニーカ大好きっ子になりつつある。

エンジニアはエンジニアでたまに履いて不意に走ったりすると筋肉痛になるので
トレーニング的な意味では悪くないんだと思うけど(笑
いや別に重いけど歩きづらくは無いんだよ。
エンジニアは今でも好きだし、流行らなくていいけど似合う人が履いてるのみたら若干幸せを感じる。


◆間◆

高橋美貴先生の展示会のペーパーが届いていてキャッキャ言いながら見てましたが
流石に貧しく関東には行けない。

サイレン好きだった人はせっせと脚を運んで関西でも開催されるようにお金落としてきて下さい(ダイレクト!


それはそうと飼い猫を呼ぶ時のレパートリーに「ねこむし」ってのがあるんですがどこから出てきた言葉なのかが本当に謎。



◆間◆


001_20170717215040d2c.jpg

なんか既に使った写真な気がするけどインディアンサンドボア。
季節拒食ってなんだっけレベルでよく食べる。

012_201707172152097c8.jpg


来た時と比べたら流石に色が変わってきている。


003_20170717215244fc4.jpg


はよこんなんなれ。

神様ゲーム

なろう小説にも色々あって良い物も悪い物もあるのだ。


っていうからなろう中でも出来が良いと言われる作品の映像化された奴を見てみた。



◆間◆


・・・・




以下見たシリーズ。


・レクリエイターズ
うーん。
雲行きは怪しくなってるけど結構クリエイターの葛藤とかは見ててふーんと思う部分も合ったり。
イベントの名前がレクリエイターズになると思ってたんだけどな。
主人公がイベントに介入するのはどういうやり方何だろ。
敵がアルタイルなのでベガっつーキャラを作る・・・うん。それは無理がある(シャドルー的な意味で





・神様ゲーム
作者をおすすめされていたので代表作を見てみた。

まず作中作の正義のヒーローのロボットがジェノサイドロボ。
うん、まぁアレな名前だけど適当に付けたのかな。

もう一体、ネクロフィリアロボ
※死体愛好家の意

あ、わざとだこれ。

読んでみた感想としては

①あー、ふんふんいるよねこういう変な奴・・・・
②ん?なんだこの展開(天誅目撃)
③ええええ!そうなの!?ちょっとショック・・・
④ええええ!一体どういうこと!?

というなんかネタバレしないように説明しようとするとなんかカオス!
ライトノベルと一般の中間がライト文芸な訳ですが本作は児童文学~一般の中間?みたいなレーベルから出ているそう。

・・・いやこれ子供に読ませたらあかんでしょう(真顔

一人称の非常に読みやすい文章で、さくさく進むので確かに子供でも読めると思うし、短い。
でも、これ厳密には小説という枠をちょっとはみ出してる。
東野圭吾にも一作合った気がする。「さあ、解説はしたぞ。犯人は君が当てたまえ」って言う。

それとちょっと似ている。いや、本作において犯人自体は「この人」ってわかる。
わかるけどもやもやする!その人に至った経緯を自分で考えてね!っていう。
そして鈴木君。彼を信じるか、そうで無いか。

ちょっと衝撃でした。
作家によって文章の合う合わないってのが合って、私はそれが合わないとどーにも読みづらく感じてしまう人なのですが
本作に関しては先の通り読みやすくて良い具合。終盤のネタばらしも十分にわくわくした。

面白かったので他のも読んでみる。



自分自身、三人称、一人称をただの読者だった時は気にしたことが無くて、情景描写もあまり気にしない。
所謂斜め読みをする人なんだと思う(物語の展開を追いたいのであって風景とか想像しながら読む系統の人ではない)
小説=物語だと思っていた。

けど物語を素人ながらに書き始めてから、小説を読むと「あーこういう風に書くのかー」って全然違って見える。
多分自分を構成しているのは物語(ゲームやマンガ含む)であり、小説を見て小説を書いてるわけじゃ無いから歪なのかも。

自分でお話を書くようになってからは自作推敲ばかりだったし感覚で書いてる部分が大きいんだろうなーと。
今後はもうちょい能動的に読書してみようと思う。

というか普通に本読んでる人って一人称三人称とか意識して読んでるのかな。ちょっと疑問。


もう一冊、
「眠る狼 / グレン・エリック・ハミルトン」
ってのも買ってきたので読む。

来週ちょっと忙しいけど時間作って読もう。

お話を読むのは面白いけど読むのが勉強になるので以前より読書が面白く感じる。
ちょっとラッキー。


◆間◆


df.jpg

まだ固まりきってないのでだらけているレッドアイランドバードイーター。

綺麗なのでとっととそれらしいポーズをとって貰いたい。暑いからダレてんのかね。

部屋とアライさんとYシャツと私

あっつい。


10日ほど前までは「ふんふーん!へんへーん!」って感じだったのに七夕でモチベの底が抜けて

「アライさんはゴミなのだ・・・」というネタが延々と頭の中でぐるぐるすので小説読んで精神鍛錬していましたが
若干落ち着いてきた。でもゴミなのだ・・・


ファンノベの過去の講評とか見ても明らかにレベル高すぎて情景云々書かれているのを見て
なんかもうどんどんゴミなのだ状態に陥ってましたがとりあえず落ち込んでても暑さでしんどいのでやめとこ。

とりあえず次回の目標と課題。
ネタと展開と飛び道具で勝負しない。綺麗な小説を作る。
三人称で書く。ちょっと想定年齢層を上げる。


よし。
イヤッホウ!(空元気


古典SF読もうとしても本売ってないし電子書籍化はばんばんやってほしい。
紙の本が好きだけど、デバイスで読む方が楽だわ。

とりあえず夜の翼探してうろうろしてるけどみつかんねー。



◆間◆


007_20170715220905ce4.jpg


脱皮後捕食開始したギガンテアロブスタ。

でもなんか君色薄くなってない?

もっと赤かった記憶があるのですが(写真だとオレンジだけど実物もっと黄色っぽい)

栄養素足りてないのかなとか若干びびる。

まぁ元気っぽいけど。


こいつのケージは白ワラジが良い具合に殖えてるのでたまにレプトミンとかぽちっと落としておくと群がってる。
稀にムカデもかじってるみたいだけど。

メンテが結構厳しいムカデにおいてはワラジが非常に便利です。
基本水足すだけで何もしてないや。

ペスゥ!

気がついたら毛がぼーぼーだったので渋々散髪に行く。

散髪に行くのが楽しみで仕方なかったあの頃に一生分散髪行き貯めしておくべきだった(謎



◆間◆

002_2017071320592263b.jpg

ハーパクティラ・プルクリペス

略してペス。
徐々に水色が出てきて非常にうっつくしい。

脱皮後捕食開始。
一気に膨らまして喰わなくなったらいざ交接。

オスの方はスパームウェブぶっこわしてふらふらしてるしなるべく早くチャレンジしたい。


頑強な蜘蛛はやはり良い。

ファンタジー



精霊の守り人

読了。


ほーん、これがファンタジーか。

これが・・・ファンタジーか・・・(ぶるぶる


いや面白かったです。
これ児童文学らしいので、恐らくハリポタもこんな感じなのでしょう。


作者がアボリジニ文化の研究者らしく、恐らくはその影響がいっぱい出てる。
現地人が凄くさりげなくお祈りしたりするシーンや神霊の認識とか。
あと住んでる人によって信仰する神や対象も違う。
盛りだくさん。

でも別に本としては分厚くない。薄い。なのに内容みっしり。

うーん。面白かった。
ラストのカタルシスという意味ではもうちょっと欲しい!と思ったけど、夢中で読みましたよ。

謎生命体の生態を描いているのは個人的に凄く好みでもあった。

ファンタジーというとネバーエンディングストーリーとかをイメージしちゃうけど取っつきやすかった。
小夜子に続いて本作も神視点がありますけど、別にそんなに気にならない。
(本作の場合、「この時○○はまさか××とは思わなかったのであった・・・!」みたいなのがちょこっと入るだけ)

先にもいったけどルールは読みやすくする為にあるので、読みやすければ別に逸脱しても良いんじゃ無いの論者です。
まぁそれゆえに自分はやらかしすぎたのかもしれんけどね・・・。今度は飛び道具使わないんだもん!(30代おっさん談


構造としては短いストーリーがいっぱいくっついて繋がってる感じなので成る程子供でも読みやすいだろうなと感じた。
コレは凄く詰まってるとも表現できる。詰まってる小説大好き。
よくわからないシーンとかだれる。

作者の後書きによると児童文学だけど「子供だけの為に書いたことは無い」って。
つまり子供が読めるように平易に書いてるけどそれでも誰が読んでも面白くしてやる!と書いたそうです。

児童文学。
どんなのだろう。
あまり読んだ記憶が無いけど、自分はごんぎつねが死ぬほど好きだったのは覚えてる。
昔からしみじみバッドエンド好きだったんかね。だからこんなヒネたおっさんに・・・(嘆


毎度脱線。

先の通り小さなエピソードがたくさん連なってる形式なのでちまちま読み進めやすいしおすすめ。
面白かったです。

色々勉強になった、気がする。
うーん、暫く色々読もう。

86の2巻?
今は嫉妬で見れません!!!(正直!w


◆間◆

いやまじで3巻分くらいの構想済みで書いてたのにまさか一次で落ちると思ってなかったから本気で凹んでいるよ!

ただ冷静に分析すると、あれですよ。

デスゲーム系のマンガ。

あれつまんないですよね、なんかもう設定とショッキングな展開だけで引っ張ってへぼい落ちでおしまいって感じの。
名作もあるかもしれないけど目を通したのはそんな感じだった。

・・・俺がやってたのこれじゃねえのかなと。。。。ort

ショッキングな展開と設定に全力でぶん投げて、構成とか文章おろそかにした結果がこれならばやはり反省点はあった。
正直物語のオチを考える時にどうやったらこいつらハッピーエンドになんだよ・・・無理だろ・・・とか思って
うじうじテキストエディタいじくり回していて、落ちをひらめいたときは「勝った!!!」と思ったのですが(単純
ようはそのネタをきちんと調理出来なかったって事なのね。

だったらそれはデスゲーム系と同じだった。

改稿に手を出すと思い切って書き直すと言う事がどんどん少なくなって、あまり変わってないのに
「作った感」があって、スキル習得には繋がってなかったんだろうなぁ。

個人的には結構いじったつもりだったけど、改稿が駄目ってのは成る程ちょっと身にしみた。
やるなら同じネタを使ってプロットから練り直して全部書き直す!くらいしなくちゃ駄目かもしらん。

落ちたけど好きなネタとかはストックとして保管しつつ、新作書くべし。

・・・でもやっぱり過去作のアイデアより面白い物が出ないとなかなかのれない。
この辺いっぱい書いてる人は凄い。

以下宣伝。

電撃落選作
こっちが改稿前。

公開しております。目を通してくれた方は有り難う御座います。
ワナビの改稿ってどれくらいしてんの?って気になる人とかの参考になれば。
ほぼ同じストーリーラインで、序盤の要らない部分をカットしまくって設定の一部を改編して最終盤の展開だけ変えてます。
デウスエクスマキナの主人公がただの狂言回しだった物からある程度納得いく展開に出来たかなと思ってます。
あ、ただどっちもすげえクサいよ。クサいの好きだもの!

次はもちっとさくっと読めてやっぱりクサいの書こう。

◆間◆


005_20170712215206eb8.jpg


脱皮翌日くらいのペス。

最低気温25度くらいだしヒーター切ってるんですけどケージの端っこをピタ適にかませると
そこにくるので結構高温が好きな種っぽい。

フォアグラ(蜘蛛)

インプット週間と言う事でファンノベ座談会で萩尾先生が面白いと書いていた

精霊の守り人

買ってきた。まだ読んで無い。

実はファンタジーの名作十二国記もナルニアも指輪物語もハリポタも見たことが無いのでこの手のファンタジーは
初挑戦でもあり、ちょっと楽しみ。

吸血鬼モノは暫く見ない!とか言ってたのですが、結果出たしポーの一族読もうかなと本屋いったけど無かった。
そうね、古いもんね。困った。

昔ピアノの先生んちにおいてあったけどその時はずっとパタリロ読んでたからなぁ・・・。
そしてマライヒが男って言う意味が全然解らなくてもやもやしていたあの頃。


人の面白い!凄い!っていうものでも自分への合う合わないってあるのでおすすめ作品でもがっかりすることもあるけど
とりあえず人気っぽい物を取り込みたい。
あと情景描写すな。
次は飛び道具(セオリー無視)禁止という事にしたので三人称がんばろ。
つってもその飛び道具で出版された小夜子よ。

面白い展開を書く為に面白い設定と面白い状況を作ろうと躍起になってたけど
べつにふつーの展開を面白く書かれた作品とか見るとやっぱりまだ文章方面で色々頑張らなくちゃ駄目だなーとやや反省。
自己分析して改善して、新しいのを作るというサイクルはしんどい。
しんどいけど、最終的に良い物が出来たら凄く楽しいので今はひーひー言いながら頑張るとする。


◆間◆


飼育関連は特に進展無し・・・!
プルクリペスはまだ捕食しないしもうちょい時間かかるか。
♂はまだまだ元気なのでそんなに焦っては居ないけど。

ここで気を抜いて失敗したら一巻の終わりなので入念に喰わせてから挑みたい。



インガノックとアイギスと小夜子

そもそも自分は何故小説っぽいものを書き始めたのか。

賞金が欲しい、というのも実際にその通りなんだけどよくよく考えるときっかけは

赫炎のインガノック

だったことを思い出す。
これが面白くて、シャルノスをやって
「自分の好きな物をこうやって啓蒙することが出来るんだ」
っていうのが衝撃だったのをちょっと思い出した。
これは小林泰三先生の小説群もそうなんだけど。

あ、クトゥルフ要素のあるPCゲームっていうかまぁ大人向け(はぁん)の奴ね。
つっても一応建前でつけてるよってだけで別に何一つエロくもないし露骨な物は出てこない、
端的に言うと少年ジャンプくらいのエロなので女性とかでも問題無くプレイ出来ると思う。
陰鬱な世界観とか好きなら是非是非。
大石竜子先生&AKIRA先生のイラストのマッチ具合も最高さね。

ちなみに雰囲気は好きだけどゲーム性はシャルノスだけは厳しいと声を大にして言いたい!難しすぎる!!笑

お話としてはかなり複雑で正直完全に飲み込めてるかというとそういうわけでも無い。
雰囲気が凄く良い。
個人的にはわかりやすい物が好きなのでその点はわかりやすく!って思って書いてるけど
インガノックとシャルノスの影響はめちゃんこ受けてると思う。

シナリオは今をときめく?桜井光氏。

正直FGO2章の評価でぶーぶー言われてるけど、違うんや・・・あれはなんかあったんや・・・(願望
Fateシリーズの方が有名になっちゃってるっぽいけど、ここらへんのスチパンシリーズの雰囲気とか超好きだよ。
先述の通り解りやすいお話じゃないのであくまで「雰囲気」なんだけど。

何が言いたいかというと千年戦争アイギス×アルスラーン戦記コラボするくらいならスチパンシリーズみたいな隠れた名作と
コラボしてくれよというお話なのですよ(え、そんな内容だった!?

あれじゃろ、全員傀儡使いで出せばいいじゃろ!?
キャラのチョイスもケルカンとルアハで傀儡にしたらいいじゃろ!?

もうほんとわけわかんねーコラボでぶちこわしだよ。

金が無いからこういうコラボになったのかもしれないが、それなら今大ブーム中のFGOシリーズ、そのお話を
構築している人たちが作った作品なら話題性もあってそこそこコストも低く展開出来ると思った。
まぁ素人の戯れ言ですが訳わからん事言い出す程度にはヤシャスィ~ン!に切れてる訳ですよ。
コラボして嫌いじゃ無かった作品にヘイト集めるとか相当の馬鹿やで。


◆間◆


六番目の小夜子 / 恩田陸

直木賞作家なのに読んだことが無かった私。
ってことで読んでみた。

正直、最初結構きつかった。所謂神視点と言われる物も使われていて登場人物の視点が固定されず
ぽんぽん飛びながら内面描写されていくので要所要所で「ん?」と読み返すことに。

ただ個人的にはルールは読みやすさの為にあるのであって読めるなら別にいいかな論者なので
「これは神視点=駄目」とは思わないんですけどね。中にはアレルギー反応起こす人もいるらしいけど。

勿論読みやすいに越したことは無いけどルールが違うとそれで駄目!っていうのはちょいと固定観念に縛られすぎてやしないか。
※本作に関しては没入感削ぐしちょっときつかったけど

まあそんなこんなで読んでいくと案外さくっと読み終わった。

これは、書けん!!!!

物語としてはちょっとよくわからない。完全に飲み込めてるとは思わない。


以下ネタバレ

古いお話なのであらすじはぐぐってください(酷!


事故死した二番目の小夜子、そのゴーストがたまーに呼び寄せられた六番目の小夜子、つまり沙世子に憑依していると思う。
犬とか竜巻とか。けど、その事を沙世子は基本的には理解していない?
最後の犬のシーンとかその暗示かね。
沙世子は沙世子なのです。


とりあえず色々と深い設定とかあるんだろうけど全部は解らない。
けど、この物語の本質は文庫版P196でのお話ではなかろうか。

「ポジティブなお話なんだけど生徒はそう解釈しなかった。読んでいる人がこれは恐ろしい話なのだと思いながら読んだ」

つまりはこれなんじゃないのかな。
別にホラーでも何でもない。これは青春小説だったのですよ、きっと。

全体を読み終わってもなんかもやっとする。
けど、物足り無くは無い。
物語として読んだら結構厳しいんだけど、なんかそこ超越した何か不思議な小説だった。

文章の勉強と、ファンノベの作品どんなのかなぁと思って読んでみたんだけど
前者は全くもって参考にならない。これは恩田先生にしか書けん。
※3週間で書いたらしく、ご本人も「もうこれは書けないや」と後書きで書かれていた。

後者に関しては「成る程これがファンノベかー」という感じ。お話としてはそこまで魅力的では無いけど
変わった小説だ!という印象。
全くもって思った内容ではなかった。

そしてほとんどファンタジー要素なんか無い!匂わされてるだけ!
それでもこれがファンタジーノベル大賞最終候補。ほほー。

もう少し他の作品もつまんでみたい。



・HUNTER×HUNTER 最新刊

クロロ×ヒソカ戦

実は見てなかったので読んでみた。うん、解りづらい!俺がアホなのか!
二度読み返す羽目になるとは思いませんでした。
ただ、いままでさくっと読んで面白かったのに今巻でこうなってしまったのは何かあったのだろうか。
少し毛色が変わったように感じた。


◆間◆


008_20170709190224040.jpg


よく食べる。
けど水は嫌いらしくスプレーすると蓋までのぼってきて逃げ惑う。
アーンド、これで退色済みってのが驚くわ。
珍美麗蜘蛛。

PUMA×PhantaCi Disc Blaze「King of beasts」

今モチベが抜けきって高野豆腐みたいになってますよ。

あ、落選の話ね。


個人的にはキャラクター少ないまま改稿したのも駄目な部分だったのかなーと。

ファンノベは結果の進捗が10月くらいまで全然わからんらしいし目標やお楽しみが消え去って
ふぬけ人間化ですよ。ふにゃー。

プロット三つ同時進行でいじくってるけど「これはいける!」って設定とか今のところ無し。
なんか面白いアイデアよ出でよ。早めに出でよ。

個人的に「面白いネタ、事件発生、予想外の解決方法」ってのは必要かなと思ってそれを軸に話考えるけど
そういうネタより見せ方とかキャラなのかなぁ。
昨日も書いたけど自分で面白いと思った物が一次落ちだとどういう方向性で行けば良いのか全然解らなくなって困る。
暫くインプットにも力を入れたい。
推敲ばかりで小説最近読んで無かったし良い機会かもしれん。


◆間◆


落選にアイギスのゲームバランスぶっ壊れで傷心のところにもう一つ。

先日買った靴が翌日セールにかかるというなんとも悲惨な状況に!笑

この世に神などいねえ!(血涙


ただ到着した奴はかなり良い具合でしたんよ。

002_20170708212129a05.jpg

Disc Blaze 万兽之王(king of beasts) / PUMA×PhantaCi

前にも書いたけど台湾のセレクトとのコラボモデル。
中国語「万兽之王」でキングオブビーストだそう。中国語も色々あるらしいけどそこまでは知らん。


予想外にシマウマ、虎とちゃんとレザーだった。ワオ。
ディスク部分の艶塗装もかなり良い感じでインパクトあります。

ディスクブレイズ自体は古いモデルですけどクッションも良いし歩きやすいので全く問題なし。
うーん、ジャングルも欲しくなる。でも落ちたから自重する。
若干甲に干渉するけど、レザーなので暫く履いたら馴染むと思う。
思ったより目引くし気に入りました。イイゾー。

とりあえずこいつ履き倒してモチベを溜める旅に出ます(真顔

第24回電撃大賞一次選考発表

落ちた!(早!



「一次さえ抜けたら受賞じゃろー」

とか言って一次で落ちるという最も格好悪い落ち方をした!!!

正直前回は作りかけの奴が通って、今回は自分で納得いく物が出来たと思ってたら一次落ちとな。
うーん、正直かなり困惑している。
とりあえず、執着しても仕方ないのでこれは世間が求めてる物とどれくらい乖離してるのか知りたいし準備次第晒そうと思う。

何が駄目だったのか解らないってのはやっぱきついなー、講評も貰えない。
個人的には一番自信が無いのは文章力なんだけど、それではない何か致命的な物があったのだと思う。
前回は文章力どうにかせい!と言われてたけど通過してたし。

御法度ではあるけど一人称×2の主人公2人ってのもさすがにそれだけで落ちるような事はないだろうし。
ネタと設定あたりは絶対負けんと思ってただけに本当に何が駄目か解らん。
自分で色々分析して勝つ為の要素ぶっ込んだつもりだったんだけどな。


まぁぐちぐちいっても仕方ない。下読みがつまらないと判断した、落ちた理由はそれだけ。
そうじゃないとぐるぐる迷って先に行けないし、しゃーない。諦めも肝心。

来月締め切りの星海社か、カクヨムあたりに出そうかなと思う。
正直気に入ってるので紙の本にしてあげたかったんだけど後生大事に抱えてても仕方ない。

とにかく、納得はいかずとも改稿しても上手くならんので新作書こう。

通過した人達、おめでとう御座います(ぎぎぎ!
悔しいけど、今年も受賞作は買って読むので頑張って下さいまし!

毎度言ってるけどこの悔しさは受賞でしか癒やせぬ。

ただ悔しいって事はまだ頑張れるってことだ。
頑張ろう。

ってことでぶん投げ。

フォビドゥンブラッド ―蒼の福音―

ヒガンバナ改題なのでストーリーラインほぼ同じ。最後の展開と一部血液に対する設定だけ違うくらい。
あとじじいは消した!

星海社に出すことになったら消すけど今月末くらいまでは載せてると思う。



◆間◆


いや正直きついです。

アイギスの生放送でな、「ア」から始まる重大発表!とか言っててアニメ化だったらいやだなーとか
思って見てたら「アルスラーン戦記コラボ!」
ひょー、どうでもいいコラボキター!と思ってたけど、それなりにネタとして面白いじゃんと思ってたんだけど
翌日実装されたナルサスが全画面の10ターゲットに24連射とかいうゲーム性もクソも無い
意味不明な能力で実装されてもうなんか完全にこれ終わったなって状況。
結構凹んでいるので、それなりにアイギス好きだったんだ私は・・・と想いながらしょんぼり。

そこに続けて落選報告ですよ、きっつい!凹むなと言う方が無理!!

どうなんのかなー。


◆間◆


HP_20170707202453675.jpg


ハーパクティラ・プルクリ・・・ペスゥ!!(謎

現在まだ脚がこんな色。
退色に伴って水色になるという退色がネガにならない素晴らしい蜘蛛ですぞ。
落ち着いたら繁殖がんばるぞい。


モチベをなんとかかせがなきゃー。

あっつい(言うな

大体大人になってから体重の下限が51kgで最大が62kgでした。
60超えると若干顔がぱつんぱつんしてくるので58くらいがベストだと思ってたんだけど最近夏の影響か
体重の減少がひじょーにまずい。
下限更新とかしたら倒れそう。

食べるものは食べてるんだけどなんかびょーきか。ただの夏ばてか。


まぁ猫が元気になったのでそれはそれで良し!!(?


◆間◆


新しいスマホが来たのですがアプリ取り直したりしてる時点でなんか飽きてきた(おい


ただまあちゃんと動くようになったので良しとする・・・。


◆間◆

001_2017070622292561b.jpg


あれま、予想より早かった。
帰宅したらもう脱皮殻完食。

40cmとは言わん(ていうかそれ世界最大サイズ級っぽい)けど30cmならロブスタでも頑張れる・・・か?
届いてくれたら嬉しいけどなー!

流石に伸び率も落ちてきてるから難しいんだろうけど。
とりあえず長生きしてつかぁさい。

購入時はたけーな!と思ってたけどここまで大きくなったら買っておいてよかったーと思える。

万兽之王 -King of beasts-

靴とアウター以外は大体ユニクロ、こんにちは僕です。

いや、自分でキャッチ考えるって結構きついなっていう。


一人称、ちびっ子の頃は僕だったはずですが、小学生の高学年くらいから大体みんな俺になっていくじゃないですか。
でもなんかうちは俺って言ったら親に爆笑されたのがトラウマ(ニュアンスで)になってしまい、
家での一人称がしばらくワシだった悲しい思い出。

一人称ワシの小学生とか完全に人気のロリババア(じじい)ってやつやんけ。


◆間◆


とりあえずポンプ(シュプリームだが)は有るのでディスクが欲しいな、と。
ディスクブレイズね。

ソールが好きじゃ無いからディスクブレイズセルを買ったんだけど、なんか靴単体だとかっこいいけど
合わせると微妙な違和感があり、そこもアリっちゃありだな!と思ってたんですが今度はディスク部分のワイヤーが
変なことになってるエラー品だと判明。返品に至る。

004_20170528210546d61.jpg

「大変ギーガーです」


で、
レザーのディスクブレイズの真っ白の奴をカスタムして履こうかなと思ってたんですけどそういえばちょいと前に
かっこいいコラボ物があったぞな!と思って調べる。


atmos-puma-disc.jpg

atmos×Puma / DiscBlaze “NightJungle”

今も見ても結構好き!
ただアッパーのカモ部分に出てるメッシュ部分が気になる(細かい!!
そして、こいつ人気無かったのかコラボモデルなのにAmazonでサイズによっちゃ(小さいサイズ)半額以下のSALEになってんの。
(23cmと27.5cmだけっぽい。ちなみにちょっと小さめなのでワンサイズUP推奨。ていうか試着した方が良い)



基本的に黒パンツ人間なのでこの色は結構使いやすいと思うのね。
で、色々調べてたら別のコラボモデルが目に留まる。


puma-phantaci-x-puma-disc-blaze-king-of-monster-12.jpg


puma-phantaci-x-puma-disc-blaze-king-of-monster-2.jpg

PUMA x PHANTACi  / Disc Blaze “King of Beasts”


正直最初見た時中二かよと思ったけど、じわじわくる。
ちなみに画像だけだとレオパードが生地、ゼブラがビニール的なの、タイガーが合皮or本革っぽい。
合皮は極力避けたいけど日本だとそこの情報が手に入らないのと別に色物だから駄目になっても仕方ないってんで
今回は気にしないことにする。合皮でもむにむに系だと最悪だけど、擦れる場所じゃないので妥協する。

台湾のセレクトショップとPUMAのコラボモデルらしく、国内未入荷。
残念ながら定価販売だけど丁度クレカのポイント還元キャンペーンでそこそこのポイントがあったので注文。
今までこういうポイントってしょぼいし見るだけ無駄無駄って思ってたんですけどやろうと思うと結構たまるのね。
今回の買い物でもアプリ登録したりしたら更に4000円分くらい還元されててちょっとびっくり。

あ、いやべつに「凄いねボブ!さあ君も入会だ!」みたいなアフィ記事じゃ無いのでご安心あれ(笑


そんなこんなで実質国内のそこそこのスニーカーと同等の値段で買えたのでラッキー。

先の通り、基本的にロゴとか柄の入った物が好きじゃ無く、服はプレーンなのものが多いんで
靴は割と遊んでも落ち着く(と思う)。
同じ服着回してても靴だけ履き替えたら印象結構変わるので面倒くさがりの人は変なスニーカ買えばいいと思います(適当



余談ですが。
アジア人でも国が違うと結構センスとかに傾向があるように感じる。
高校時代の友人に台湾の子がいるんですけど、その子も色彩感覚とかちょっと自分とはちがうなーって感じる。
日本生まれなのになんでかなと思ったけど、親御さんとかのセンスを吸収しているのだろうか。
なんか派手だけどまとまってて上手いのよね。

結構面白いです。



◆間◆



021_201707051903389cf.jpg


レッドアイランドバードイーター

脱皮後ちょいと経過した状態での背甲。

オレンジ~バイオレットピンクが大変素晴らしい。ハアハア!綺麗だ!ハアハア!(おまわりさん!


R_20170705190338a03.jpg


なんで背甲だけやねんというのは、全体だとまだぐだーっとしてて完全にボコられたヤムチャみたいなポーズしてるので。。。

こいつの婿捜し結構大変そうだけどがんばろ。

ピンク眉毛

クソ蒸し暑い(下品


まだ7月入ってすぐなのに耐えられるのか。。。!




◆間◆



113.jpg


レッドアイランドはまだぐでーっとして見た目がアレなので脱皮殻でも。

こいつ退色すると茶色になるけど眉毛のメタリックピンクは消えないのがミソ。
非常に格好いい。

小さいタランチュラも好きですけどやっぱ大きいのもいいな。
どっちもいいのでどっちも飼えば幸せになれるとおもいます(適当



◆間◆


とりあえず今週末の電撃で一次通ってたらYeezy Boost 350 V2ちゃんを下ろすことにする。
落ちてたら売却してそのお金で悲しみを紛らわす。
それでいこう。


一次ごときででしょぼいなーって思うでしょう、違うの。
一次だからこそめっちゃ怖いんですぞ。

今週末ってか明明後日やんかもういやだーこわいー!!

Freedom!(不自由)

PCというかディスプレイがぶっ壊れたのですが数十回に一度くらいしか起動しない。

ちょっと前から右下だけ暗くなってたし、ストレス溜まるので新しいのに交換。
画面小さくなってしまった・・・・3インチくらい小さくなっただけっぽいけど結構違和感がある。
くそう。。。。!

ただまぁファンノベ応募終わってからでほんと良かった・・・。

せっかくの休みなのにPC使えないと文字いじれないので録画撮りためを見た。



・レクリエイターズ

総集編だけど、これは上手いやり方。
本編としては個人的にはセレジアさん、あそこで死んでおいた方がカロンとの対立が面白くなったのになーと思わなくも無い。
ただまぁ最終的に面白くなればOKなので。二期OP曲もかっこいいから楽しみ。


・アリスと蔵六

マンガで読んだからTVはええわと思ってたけど暇なので視聴。
結構きつい描写があるけどその成分を絵で殺してる感じ。
マンガの方が自分のペースでかみ砕けるから解りやすいかも。
でも、これそんなに話題にならなかった(?)のが個人的に非常に恐ろしい。
世間的にはこういうお話で魅せる物がそんなに求められていないのだろうか。
本作の3~4話を1クールでやってるでしょ、普通の作品だったら。
一気に濃縮して序盤でクライマックス級の展開を持ってくるって凄い事だと思ったんだけど。
映像化に関しても下手なスタジオにいい加減に作られたとかじゃなくて良い出来だと思うんだけどな。
こうまで予想とかはずれると自分の感性の世間との乖離っぷりにへこむ。



・正解するカド

先に書いておくと見てない。
CMで見てなんかSFっぽいから「あーこれ録画しとくべきだったー!」って思ってたんだけど。
これが受けてくれたら・・・!と思ってたけどそうでもなかったらしい。うーん。
個人的にはSFの復権を願っているのだけども。
勿論ハードSFとなると今の人は求めてないのは解る。ぱっと見て解らなければ娯楽のたくさんある現代では切られる。
そういう意味ではテンプレと揶揄される色々設定を流用して解りやすさと導入の簡略化した「なろう」はさすがに強いね。
自分で書こうとは思わないけど、一般文芸がキャラを取り入れたように使える物は使いたい。
文章で読むからアレなのであって物語としてならみれるかなーと一作ダメ元で今クールの「なろう」見てみる。

個人的にはぱっとみて解りやすい(王道)で、後から考察の余地があるものが好き。
君の名は。は個人的には凄いと思ってる。映像として二人が仲を深めるシーンを圧縮したりして
テンポ良くみせているとこ。一回見ただけでは微妙に消化不良だけど、ハッピーエンドであり、映像として強い。
それによってもう一度見たいと思わせるところ。映像として非常に上手いと思う(再)。綺麗なのは別にそこまで。

お話としては結構突っ込みどころは多い。でもそれを「結び」で全ての齟齬を無視するというのもありだとおもう。
あのお話でそこまでリアリティを追求することも無いと思うし。全部のパラメータをMAXにする必要は無いとおもう。
ようは切り捨てるべきは切り捨てて、完成形のバランスが凄く良かったって話。
物語としては結構シンプルだし泣けるとは思わないもの。

脱線した!(毎度
そういうわけで君の名は大ヒットでSF復権じゃ!とか思ってたんだけどやはりそう簡単にはいかぬ(再)

SF、というか自分は多分理屈っぽいんだと思う。
魔法が使えると何でも出来る。だったら展開は作者が自由に出来る。
それじゃ、ただ出力するだけのマシンになる。RPGツクールとか投げるタイプの自分はコレが苦手。

ミニ四駆や艦これもそうだけど、環境を整えて、そこから走らせる。
ある程度の設定としてルールが決まっているから何でもは出来ない。だからお話の自由度は下がる。
けど、その分良いエンドにする為に四苦八苦する。そんで生み出す。これが楽しい。

例えばDTB(ダーカーザンブラック)で黒の能力が最初は電気操作だと思われていたけど実は電子操作だった!とかね。
ああいうネタは凄く好き。土壇場でなんか知らんけど特殊能力に目覚めて逆転じゃー!とか、それ作者の気分次第で
なんとでもなるやんけ、となる。
この辺レクリエイターズのアリスちゃんと作者の会話とかみてると「うんうん」って思うんですよね。
アリスちゃん脳筋すぎて好きじゃ無いけど。

自由に何でも出来てストレスフリーなものが受けているけど、だからといってそれは自分は出来ない。
嫌いなんじゃ無くて難しい。自由すぎたら、何して良いか解らん。スカイリムみたいな自由すぎるオープンワールド苦手なんだよね。
書いてて面白いというのが自分のお話書く動機だから、多分そういうのは書くことないんだろうな。

ちなみにすげー興味無いと思うけど私のBlogも特に何を書くか決めてない。
写真がある時はそれについて書いてるけど、基本はフックとなるネタについてだらだら書いて、そこから
好き放題広げる。
なので多分私はBlog書くのも結構楽しいし好きなんだと思う。

ただまぁその訳わからんアウトプットを読んでくれる読者さんには申し訳ないという気持ちも無きにしも非ず。




◆間◆


009_2017070223095173a.jpg

まだ色が安定してないけどビュチホー。

脱皮殻並べてみたら案外ラシオドラよりこいつのがでかかった。
体長は知らん。

ええ蜘蛛やで(ふへへ


ただ訳のわからん体勢でぐでーっと寝転がってるので(脱皮後はそういうもんなのです)
正直ケース内見ると「びくっ」ってなる。市原悦子さんの顔で「あら死んでる!」ってなる。

奴らは急にやってくる

スマホがフリーズ再起動連発でこりゃいかん、ということで新しいのを渋々買おうと思ってたらパソコンが死亡。

調べたらディスプレイだけみたいだからまだぎりぎりセーフ…!
なんか20型とかでも1万円とか安くなったなぁ。
でも本体もそろそろやばい。
安いノート買おうかな。
文字だけ打てたらいい。

てなわけで本日はスマホでぽちぽち打ってます、やりづらい!
さぼり癖つかないよーにとりあえず更新はするのじゃ…


◆間◆


さて脱皮不全時によくある斜め脱皮しそうで慌てて介護してたレッドアイランドバードイーター。
低温被爆から初脱皮なのもあり戦々恐々。

とりあえずひっくり返せたので安心しつつも、水入れに近い場所なので落ちないように植木鉢逆さに入れて転落防止。

寝る前に覗いてみるとアクロバティック脱皮により水入れ内に脚突っ込んで植木鉢が干渉、身動きとれず。

顔面蒼白で植木鉢除去するも今度は落下しそうなのでひたすらトイレットペーパー千切って水入れ埋め立て。

とりあえず無事に脱皮完了しましたが流石にキモ冷えました。
まぁこれで暫くは安泰!

全然蹴らないし綺麗だしデカいので凄く良個体だと思う。
こういうのに出会えるとやはりうれしいです。


スマホからなので写真はまた後日!


ぷるんぷるん天国

吐きそう。


いきなりなんだよと言う話ですが、レッドアイランドが不調のまま脱皮モードに移行したのです。
ひっくり返れてないしどうしたもんかと悶々としながらとりあえず現状まだ脱げてないので
挟んだ足に血流行くようにそーっとひっくり返して放置。
ラシオドラは上手いのに、こいつ前回もかなり難儀だったんですよな。
数ヶ月前とは言え低温被曝後初の脱皮なのもあってひじょーに恐ろしい。
失敗したらほんとに落ち込むから頼むよー。


◆間◆



002_201707012129125ee.jpg


こちらは脱ぐ脱ぐ詐欺でどーにも時間かかりましたがばっちり脱皮完了。

ぷるっぷるです。ところてん。

この後の色の変化も面白いし綺麗で丈夫な良い蜘蛛だなー。
オスの方には餌とって鋭気を養って貰ってます。

7月中旬~下旬にかけてマッチングしてみようかな。

♀にも死ぬほど喰わせて、可能な限り何度も交接させようとは思う。



該当の記事は見つかりませんでした。