S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

猿の(金の)手

読んだシリーズ。


・第三のギデオン

ベルばらやイノサンも読んでたけどフランス革命ものも描く人と味付けでこうも変わるか・・・という。
ルイ16世、マリーの描き方好きです。でもだからこそ続巻がきつそう。
既巻まで追いついたけど思ったよりコンパクトにまとめられていて8巻くらいで終わっちゃいそうなのがちょっと悲しい。
個人的に童貞ロベスピエールのぶっ壊れっぷり、ビッグモーターとソランジュが好き。
どーなんだ。いや結末としては知ってるけど、そこに至る過程が気になる。


・ゴールデンゴールド
以前知り合いにおすすめされてた奴。ぶっきみー。
福の神を拾った恋する少女に福が来たる!というとってもファンシーな題材なはずが
どっからどう見ても不気味。OPといい、なんだこれ。すげー不思議な漫画です。
現代版猿の手。
2巻まで読んだ後で1巻冒頭見ると「うわー」って。
なじみ始めたら……!うわー!(語彙力

あとは過疎地なのに主人公の好きな子がポンプフューリー履いてたり巨大腕蟲が出たりして割と好みに刺さる。
まだ2巻しか出てないので追いつきやすいのも味噌。


◆間◆


近所の電機屋のポイントが期限だとか言うのでワイヤレスキーボードを買った。
エレコムの1500円なり。
ワイヤレスって、素敵。と思いました(真顔
PCのデータ買った時に付いてきたノーマル使ってたんですけど文字が消えてちょっと困ってたのですが
こんな安価に買い換えられるならもっと早く買えば良かった。いやキーボードって5000円くらいするイメージあったもんで。

そして。

うろうろしてたらパトカーのサイレンが鳴り響く。
「止まりなさい」とか言いながら走ってるので昼間からDQN追いかけてるのかな、と道の端っこに避けたら
パトカーも俺の後ろに止まる。

お、俺ェ!?

「二段階右折!」
「いやこれ125ccですけど」
「ごっめーん☆」

ごめんじゃねえ。心臓どっきんどっきんやぞ。
どうもピンクナンバープレートが白くみえたらしい。びびり損です。



◆間◆



今日大阪でブラックアウトやってたらしいので行こうと思ったんですが
例のごとく朝っぱらから出不精スイッチがはいったので取りやめ。

来月は14日くらいに神戸でたねくら市があるのでそっちでも行こうかしらん。

今年まだイベント一個も行ってないや。


変なムカデでも追加しようかなと思う。
丈夫で長寿命な奴がいいです、たとえ蟲であろうとペットロスきっついもん。

猫ぼくろ

とりあえず必要かどうかはともかく要らなければ手放せば良いので

Yeezy Boost 350 V2購入してみる。


adidas-yeezy-boost-350-v3-all-white-detail-0.jpg


色味が微妙に解らないけど真っ白なら要らん。
びみょーにニュアンスが違うことを祈りつつ。

ベルーガ再販してくれたらそっち履くんだけどな。

Adidas-Yeezy-350-v2-sneakers-1-640x427.jpg

「ベルーガ。灰とオレンジいけてる」


Yeezyも一足履きたいのでちょっと悩ましい。

コペンハーゲンではイージー満載のトラックが襲撃されてコンテナ4個分のイージーが強奪されたそうな。こえー。
前回のゼブラはプレミアで20万とか行ってたらしいし下手な現金輸送車だの襲うよりはEasyだったのかしらん(上手いこと言った感が鼻につく)

そもそもそんなプレミアついた靴履いてうろうろ歩くの怖すぎるのでもっと違う靴が流行れば良いと思う。
これってそんな一般受けするデザインじゃないと思うけどなぁ。

異形スキーが多いって事なのかしらん。

ただウルトラブーストもそうだけどニットアッパーの靴は雨降ると最悪なのでそんなに数は要らんなと思いました。
(この前雨降って最悪だった)


◆間◆



005_20170429210920289.jpg


猫の下あごにホクロみたいなのが出来てるんですが椎名林檎みたいで可愛いので撮ろうとしたけど毛が邪魔で映らなかった図。

それはそうと掃除機新しいの欲しいのでとっととカドカワは電話くれたら良いと思う(それくらい普通に買えよ)


◆間◆


基本的に絵の綺麗な漫画は信用していないのだけれど。

以前おすすめされた第三のギデオン1巻を読んでみた。

殺されそうな娘を助ける為に主人公が「指を、腕を、目を差し出す!」と言うシーンで最後に
「時計を!」

で、そこで悪者が「ふざけんな、なんで最後時計なんだよ」って言うシーン。渋い。

必死すぎて相手にどう取られるかを考える暇も無く、順番に大事な物を言っているだけなんだけど
このシーンだけでちょっとかっこいいなって思っちゃったね。

グリフィス感溢れる感じも好みなのでもうちょい読んでみようかなと思う。


漫画を読んでも文章の勉強にはならんけど台詞と物語の勉強にはなる。
そして消化が早い。

小説をガンガン読みまくる時間が欲しいな。

GW?存在しませぬ(血涙)

ムカデのフレンズ

~もしもサーバルちゃんがムカデのフレンズだったら~

mu.jpg

食べないでー

オレサマオマエマルカジリ!


~完~

(ムカデ=百足=百腕さんは百足のフレンズ!と言うだけで特に意味は無い)



◆間◆


昨晩夜中の3時に謎の悲鳴で叩き起こされて

「まさか猫に何かあったのか!」

とダッシュで駆けつけたらどーもムカデが布団に落ちてきたらしい。
そんなもん俺なら絶対気付かんわ。っていうかこの家に引っ越してきて10年くらい経過してるけどGより先にムカデが出るとは思わなかった。いや、どっかにはずっといたんだろうけどさ。

などと思いつつ話を聞いてみると20cmくらいの奴がささー!っとベッドの隙間に逃げていったらしい。

20cmのムカデかぁ。


002_20170428211506c70.jpg

それこのレベルやぞ(真顔


結局見つけて捕獲したら8cm程度のアオズだった。
ま、ムカデ動いてるのみたら大きく見えちゃうの解るけどね。


009_2017042821160917e.jpg

ケージ内だから平気だけどこんなもん生で遭遇したら勝てる気せんわ。キモイ!

ケージ内に居るからかっこいいな!ってせっせとメンテ出来るんだよ。


とりあえずトビズ、アオズは常に発狂モードでメンテ頻度が減ってガスで死んでいくというサイクルもあってか
ムカデ=難しい!と思ってたんですけどギガンテアは結構頑丈で楽ちんです。

温室ヒーターぶっ壊れ事件で死亡してしまうかと思ってたけど案外大丈夫だったようで本当に感謝。

餌やった直後だったらやばかったかもしれないけどね。


ガラパゴエンシスとか白足も欲しいけどなー。
値段がなー。

※安くて5万くらいだゾ!白足は15万くらいだゾ!

この手の趣味に興味ない人にムカデの値段言うと大体どん引きされる。
その気持ちは凄くわかるのですけどね(笑

ちなみにうちに居る奴はチビの時に買ったのでそんな値段じゃないですけどね。
ちゃんと育てたらベビーも大きくなるから繁殖狙いじゃなけりゃベビー買えばいいよベビー。



そういえば低温被曝後餌を食べなくなったハシゴヘビが漸くピンクを飲んで変な声出た。
暖かくなってきたのでガンガン食わせちゃるけえの・・・!

R

響2周、かぐや様3周。


その時間を使って……いえ、なんでも。

とりあえず新人賞とったオッサンが「ファック」ってするシーンで指6本あるのでこのおっさんは多分エイリアン。



◆間◆

「かんのん」だと思ってたら「みね」だった。
まじかよしらなかったよ!

フェネック説明するのだ!何の話か全然わからないのだ!

◆間◆

1800_20170424213808eea.jpg


今はなきライノラット。しかもピンぼけ。


いや、なきっても亡きではないのでどっかで元気にしてると思います。
そこそこほそくて華奢な蛇だったのですが空間を大きく余裕持たせないとストレスなのか鼻先にダメージ行くので
巨大なケージ用意出来ない我が家では飼育出来ず手放したという。

120cmとかどーん!と置けたらいいんでしょうけどね。
綺麗だし頑丈だし見た目も変だし、育てやすいしで良いとこずくめの蛇でした。

最初はめだかを餌にするけど結局もりもりマウス食うようになるので
珍蛇飼育してる気分でふっつーに飼えるあたりが個人的に気に入ってます。

といっても一匹しか飼ってないので個体差だぜーと言われたらそうかもしれんが。
個人的には最初のメダカゾーン抜けたらコーンレベルで飼育しやすいと思ってます。丈夫っぽいし。
ただこいつの角が駄目になったら愛せるかと言われたら多分無理。

なので大きなケージで余裕を持って飼育出来ない人は止めた方が良いのです。
たまに狭いケースで管理されてるショップの角部分怪我したライノ見るとへこむ。

マグノリア

春が来たけどなんかびびってパッチが脱げない・・・(どうでもいい!


◆間◆


ドリル

ウェンディはドリル一択です。ドリルは漢のロマン。
ドット職人さんほんとスゲー。

◆間◆

tiger_20170424214041f2d.jpg

特に意味も無くティグリナさん。

ミランダ好きならティグリナウェッセリも好きだしフォルモサも好きだし
っていうかポエキロ至上主義者になって最終的にはハヌマヴィロスミカとかスミシー入手してニヤニヤしているイメージ。
ポエキロは沼。

※地味ポエキロチームは今学名変わってんよー!とかすげーありそうだけどここだけ2015年くらいの情報が流れていますよっと。


このカテゴリーに該当する記事はありません。