S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

奴らは急にやってくる

スマホがフリーズ再起動連発でこりゃいかん、ということで新しいのを渋々買おうと思ってたらパソコンが死亡。

調べたらディスプレイだけみたいだからまだぎりぎりセーフ…!
なんか20型とかでも1万円とか安くなったなぁ。
でも本体もそろそろやばい。
安いノート買おうかな。
文字だけ打てたらいい。

てなわけで本日はスマホでぽちぽち打ってます、やりづらい!
さぼり癖つかないよーにとりあえず更新はするのじゃ…


◆間◆


さて脱皮不全時によくある斜め脱皮しそうで慌てて介護してたレッドアイランドバードイーター。
低温被爆から初脱皮なのもあり戦々恐々。

とりあえずひっくり返せたので安心しつつも、水入れに近い場所なので落ちないように植木鉢逆さに入れて転落防止。

寝る前に覗いてみるとアクロバティック脱皮により水入れ内に脚突っ込んで植木鉢が干渉、身動きとれず。

顔面蒼白で植木鉢除去するも今度は落下しそうなのでひたすらトイレットペーパー千切って水入れ埋め立て。

とりあえず無事に脱皮完了しましたが流石にキモ冷えました。
まぁこれで暫くは安泰!

全然蹴らないし綺麗だしデカいので凄く良個体だと思う。
こういうのに出会えるとやはりうれしいです。


スマホからなので写真はまた後日!


011_20170226205848c81.jpg

『蜘蛛挫十字固(せきしどめいかいは)!』

デスマスクさーん!


※意味は無い


◆間◆

クラークの幼年期の終わりが到着したので読み始めた。
冒頭の前書きが既におちゃめでSF書いてる作家=石頭のわからずやという謎のイメージを粉砕してくれた。
おおまかなあらすじは知った上でチョイスしたので驚きは無いかもしれないけど楽しみ。


◆間◆


以下ワナビ記事。


今回応募予定一号。
書き上げたとき原稿用紙250枚だったけど今のところ300枚を目指して改稿中。
あとエピローグと描写強化して終わり。

前回のアリスと同じく死ぬほど推敲ばかりしているし、アリスと比べてもこっちのが面白いし
とある理由で注目もして貰えると思う。
完全にこれは勝ったな!と思っている。

・主人公活躍しない&置物

ってのを5作目?(2作目のネタを流用した新作)にして初めてクリアしたった。
そもそも電撃とガガガで100作前後に残れたのは4作目のアリスだけなのでそいつが偶然上手く出来ただけなんじゃね
という自分の中でもやっとした想いをぶっつぶす為にも頑張って貰わねば。

控えめに言って受賞だな・・・とか(毎度のごとく)想っている訳ですが(※ちなみにそうやって一次落ちたりしているので笑えない)、ここで電撃大賞の応募ページ見に行く。
どうも前回の受賞作の総評とか更新されてるので見てみた。



・・・やっぱ駄目かもしんない(アルミ針金製の自信)

なんだよー、「キラプリ先輩」なる作品は未完成原稿で受賞とかへこみすぎるわ。
電撃はやっぱりバケモノワナビが集う魔境であることを再認識した。


結局自分の場合どんだけ推敲して研磨出来るかにかかっているのであと一ヶ月慢心せずにつめていかねばなーと思う。
とりあえず去年は「改稿前提なら受賞するだろう」みたいなナメ腐った考えでぎりぎり原稿を出していたので
今回は言い訳の余地を完全に殺してから応募する。ニーアの呼び声を断ち切るために宣言しておくとする(震


フリフラ09話

フリフラ最新話も神ってました・・・!

※自分の知らないうちに流行語になるほど流行っていたらしい流行語を無理矢理使ってみるの巻


流行語大賞ってベストジーニストとかnew日本レコード大賞とかと同じネタ系のアレでしょう?

「保育園落ちた日本死ね」とかいう明らかに知能指数低い物がノミネートされてたり
なんだかよくわからんな。


◆間◆

※以下フリフラ見てない人への配慮一切なし。ネタバレするから見てないなら是非是非何かで見てください。
一挙放送とかしてるみたいだし。




毎回毎回「最高やな」を塗り替えてくる。
今回大きく話が動いてヤヤカのキャラクターと心情を思い切り掘り下げてきました。
泣ける。
自分の気持ちをパピカが先に口に出すことで憎しみが募るシーンとかもたまらんわぁ。

おそらくは監視要員として派遣されただけのヤヤカ。
けれど、長い時間を過ごすことでココナとの思い出もたくさん出来た。
ヤヤカにとって何らかの理由で絶対的に依存している組織、けれどココナという「友達」の存在も大きくなっていて…。
(過去編での「友達」という単語への反応といい本当に細かい演技させまくってるよ、これ)

ヤヤカとココナの思い出の映る水晶を破壊しながらの戦闘は本当に見ててつらい。
ここのBGMも抜群に良いし、名シーンだよこれ。

最後のチャンスとして覚悟を決めてナイフを振りかぶるがその瞬間ココナとの思い出がフラッシュバックし、その手が止まる。
そして双子による粛正、ココナをかばい被弾。
とどめの一撃をパピカが防ぎ、パピカがトトを傷つける。
このシーンでは雰囲気に合わない流血をあえてさせてるのがパピカの怒りを表現しててすげーよかった。


そしてアモルファスが奪われたことでパピカはミミの事を思い出す。
前回はココナとミミを混同していたが今回は明確にミミを求め出した。

アスクレピオスによるアモルファス回収が進むことで、元のパピカへと戻って行く?
つまり今までパピカはココナをミミとして認識していたのか?(後味悪すぎるからそうでもないか?)

ココナが人造のミミである可能性は解るけどパピカって一体なんなんだろ。
アスクレピオスがアモルファスを回収することでパピカはミミの記憶を取り戻す(書き換えられる)
ソルトはパピカに欠片(アモルファス)を集めると願いが叶うと言っている(=アスクレピオスに渡さない事で願いが叶う?)
=パピカの願いとはあくまでココナとの物語?


yuyu.png


「覚悟が足りないのは……」


きついなぁ、ここまでヘヴィになるとは思いもしなかった。
当初はなんか邪悪になりそう!とか言って録画予約しただけだったのに。
毎週飼育Blogの本分忘れて謎の長文感想書くほどにはまるとは思わなかった。


フリップフラップの目的やアスクレピオスの計画など色々考察は出来るけど、なんかもうそういうのとりあえず置いておく。
とにかく最後まで見守りたい。

まだまだ謎だらけだけどここからどうなるのか。
ここまで作り上げたスタッフなら絶対良い物を見せてくれると信じております。

すげーよ。


◆間◆


003_2016120220340844e.jpg


コクレアスヴォラクス。

未だにカタツムリは食ってない。

インディアンサンドボア(ジョニーサンドボア)引越し

昨日は電撃ネタで今日もフリフラネタは、うん。

色々アカン・・・!
※ただ新人賞ネタでコメントを頂き驚いている私。
 一体誰が読むんだろう、って毎回思ってただけに!・・・そうだ自覚症状はあったのだ・・・(虚


と言う事で本日は二本立て。
久しぶりに土曜お休みだったので張り切りメンテ祭りでしたよっと。
バイパーに噛まれても「ハハ、こやつめ^^」で済んでたけど最近結構痛い。
首持って補ていするのは出来るけど、直後にぐりんぐりん動き出して首折れるんじゃね?とびびって離すとがぶー!
うーむ、手袋とかしたくないしなぁ。

いずれは大きいパイソンとかも飼ってみたいとか思ってるけど
たかだか50cm程度のちびにびびってる自分に明日は来るのだろうか・・・!笑

※ちなみにいずれ飼いたい憧れ生体シリーズは
・ベーレンパイソン
・パプアンパイソン
・トウブインディゴ
・ハラガケガメ
・ストケスイワトカゲ
ってな具合かなー。
ムスラーナもテカテカしてかっこいいけど。
バイパーボアの成体ブラッドパイソン(嘘)も好きなんだけど絞め殺されそう。悪い顔してるし、あいつら(笑

◆間◆


j.jpg


インディアンサンドボア

先日ぶりくら「レプレプ」さんにて購入したジョニーサンドボア。
語感はこっちのが良いけど一応前に書いたとおりインディアンサンドボアとして扱いますよっと。

ぶりくら当日から今日までまともにその姿を見る事は無かったのですがちゃんとしたケージに引越しする為に掘り出す。

動きとか、蛇っていうかなんか虫だね、こいつ。
ミミズとか、そっち系に感じる。

自分の少ない爬虫類飼育歴的にはサンドボアの印象って唯一飼育してるラフスケールのイメージしか無いんですけど
サンドボアで一番有名で出回ってるのはケニアサンドボアみたいです。

そうなるとそやつらと同じエリュクス属であるこいつは一般的なサンドボアにより近しいのかもしれない。


j2.jpg

頭だけ白いのはなんか、パプアンベビー的でもある(そうか?

結構動くしパワフル。

今まで週に2回ほど給餌されていたようですがぶりくらから今日まで落ち着ける為にいじらないで水だけ与えてました。
お腹がすいているはず。

ピンクMをぷらぷらすると興味は示すけどびびって引きこもるのでバークチップゾーンに置き餌して放置。

こっそり覗いていると3匹ぺろっと平らげる。
その後、普段なら引きこもってるのにうろうろしてまだ物足りないように見えたので2匹追加。

j3.jpg


計5匹平らげました。
その後は満足して引きこもってるので次回も同じ量で。
冬季拒食に入る前になるべく消費しなくては・・・(汗

体重99gに対して約15gの給餌。
消化不良とか起こさないようなら同量与えようと思います。

基本的にピンクLでも行けるみたいですが小さめの方が具合が良さそうかも?という話もあるし
既にピンクM買ったのでしばらくはこれで。

ラフスケールに関しても今までアダルトかホッパー与えてましたけどあんまり食べない。
サイズダウンしてファジー与えたらするっと飲んだので大きい餌は良くなかったかもとちょいと反省してます。
一度飲んだから次からもこれでいけるだろうという思い込み、駄目でした。うーむ。


とりあえず飼育して一週間、ほぼ姿は見れなかったけど今日再度確信。

私はこの蛇大好きだ。

Asterisk gate

ソファに寄りかかってだらーっとスマホ見てたらソファに猫が登る。

→腕を伸ばしてお腹をもふもふしつつスマホだらだら見る。

→なんかかさぶたがある。なんだこれ?

→「うなーお」





20051205224520.jpg


→「ケツだコレ・・・ort」


※必死で手を洗いました。いや、猫のがいやだったと思うけどね、いきなりタッチされて。
落ちない・・・いくら洗っても血が落ちないんだよ・・・


◆間◆

002_201609132137554c8.jpg


写真無いよりマシかなって・・・(弱気

クルギー、脱皮後まだケツ蹴られてない。よし、いける!

油断するとやられそうなので極力触りたくないです。。。

このカテゴリーに該当する記事はありません。