S.I.D.

the spinner in dArkness の引越し先。工事中。

破壊殺害解体断罪

小説書くネタとは別に過去に起こった凶悪事件とか未解決事件などのwikiを見る事が多い。
猟奇殺人事件とか見ると、本当にゆがんだ人っていうのは存在するんだなぁって。
これは興味本位というとアレだけど、興味がある。

別に残酷な物が好きとかではないけれど。

例えば熊。

あいつは本当にやばい生き物で、色々と酷い事故っていうか事件が起きてます。

けど、それがどうして起こったかを知る事は生きていく上で必要になることがあるかもしれない。
もしかしたら熊に襲われることもあるかもしれない。いや多分ないけど、でもゼロじゃない。

不幸な事故や事件の情報をインプットすることで回避する為の行動を取れたり、色々応用する事は出来ると思う。
あとはまぁ純粋に知識欲。

知る事はやっぱり面白いと思うので。


そんな中でやるせないのが山口県で起こった連続放火殺人。

殺人は駄目です。やった時点で犯人が一番悪い。

ってのは皆が殺されたくないから、「殺人は悪」とこの社会では定義されているから。

もっとフラットな目線で見れば殺人はもっと普遍的な存在だとは思う。
だって倫理とか色々取っ払って人間型モンキーになったら多分殺してやりたい奴はすぐに殺すでしょうよ。
我々は産まれたばかりはホモサピエンスだけど、教育によって人間という鋳型にはめられてカンカン叩かれる(それ鋳造じゃ無く鍛造
人間とは悪(毎度書いてるけどそもそも善悪自体が作られた物)の生き物だから、それを矯正する。
それでようやく人間完成。

未開のジャングルに住む未だに文明社会から切り離された生活を送ってる人間というのは本当に居て
彼らはグリーンインフェルノまでとは言わないが近しい事をしていたりする。
教育が無ければ人間はやっぱり動物だし、邪魔な物は排除する。殺す。そういう生き物。



それでも我々は人間社会という枠の中に存在しているから殺人は駄目。
それは大前提。
……それでもこの事件見るとやるせない物がある。

悪口になっちゃうから詳しくは書かないけど詳細は自分でググって頂ければ。


親の介護の為に戻ってきた限界集落で「若いから」とこき使われていじめられて、いじめられて
親が死んでしまったことで落ち込んでいた犯人。
友人がその姿を見かねてレトリバーをプレゼントしてくれて可愛がっていたのに近くで農薬を散布されたり
嫌がらせをされて犬は死んでしまう。

確かに犬の命と人の命は人の命の方が重い。
けどこれは先に書いたとおり「人間社会の中で」の一般論です。

犯人にとってはそんなもん、関係無い。その犬の命は世界で一番大事なものだったかもしれない。

それを奪われて、何十年もいじめられていた鬱憤が爆発した。

・・・人殺しは駄目です。
先述の通り私も人間社会の一員なのでそこは曲げられない。
罪は罪。

それでも・・・ってなんかついちゃうね。


別に病んではいない。平常運転です。



◆間◆



1515_20170317214624d1c.jpg


若かりし頃のアメルシンダー(ペパーミント)

来年こそ冬眠させるんだ・・・!

関連記事

2 Comments

けーすけ says..."チリコモが…"
はじめまして、先日からタランチュラ飼育をはじめたけーすけと申します。

先日、イベントにてチリコモを購入しました。
うちに来てからあまり動きもせず餌も食べなかったのですがチリコモはこういうものなのかな?と思い放置していたら先程脱皮を初めていました。
しかしネット等でよく見るひっくり返っての脱皮ではなくそのままの体勢で脱皮を始めたので戸惑っております。こういう場合そのまま蜘蛛に任せるのが良いのかそっとひっくり返した方が良いのかお教え下さい。
初コメントでいきなり質問等して失礼かと思いますがよろしくお願いいたします。
2017.03.18 17:51 | URL | #- [edit]
猫★atlach;nacha says..."Re: チリコモが…"
>けーすけさん

初めまして。
微妙な問題ですね。
サイズが小さければ放置でも良いと思いますが大きければ(体長4cm~)ひっくり返した方が良い場合もあります。
例えば私なら壁際で脱皮しようとして壁面が干渉してひっくり返れていないようならこっそりひっくり返しちゃいます。
ただ、これは下手すると死にます。

なので以上の観点から既に脱ぎ始めている&まだ飼育に慣れていないのであれば何もせず放置するのが一番可能性が高い気がします。
確かにひっくり返らずに脱皮して失敗して死ぬ確率は低くは無いですが乾燥しないようにケース周囲に水を入れたコップを入れたり
脱皮している場所がヒートシーターの真上ならすこしずらしたりしてあげるだけに留めた方が良いと思います。
うまく行くことを願っています。
2017.03.18 18:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arachnophiliaxxx.blog.fc2.com/tb.php/828-314bd674
該当の記事は見つかりませんでした。